teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今週は歌い込む日々

 投稿者:朝倉  投稿日:2011年 1月25日(火)21時20分37秒
  「旅」は苦手とする6・4・2番が課題。
21日の練習では、「6旅のあとに」はソプラノの2重唱、アルト・テナー・バスの4重唱のハミング、記号Bからのテンポアップ部分を繰り返し練習。

「2村の小径で」は、同様にA・T・Bの4重唱のハミングを繰り返し、その重要性を認識、ソプラノの語りの部分も言葉を明瞭にとの指摘。
最後は元気よく「3旅のよろこび」で締める。

後半は久しぶりにモーツァルト「レジナ・チェリ」。
ソロパートと合唱パートの交換が多いので、対比をクリアに。
繰り返される「Regina coeli」と「Alleluja」の2つの言葉が変化する音楽の違い(‘遊び’の部分も含めて)を、際立たせるように歌唱すること。
16分音符をはっきりさせることなどの注意あり。

この日午後1時から、先生、オケ・メンバー3人と佐藤眞先生とお会いし、オケ編成等について打ち合わせました。
打ち合わせは短時間で終了、1時間ほど歓談しました。

佐藤先生とは10か月ぶりでしたが、相変わらずお元気で、演奏会終了後の話まで出ました。
事前のご指導とステージが楽しみです。

今週は定例練習に続いて合宿です。
3日連続の歌い込み、これも楽しめるようにしたいですね。

 
 

始動は旅立つ日!

 投稿者:朝倉  投稿日:2011年 1月 9日(日)10時04分30秒
  歌い初めは7日、佐藤眞作曲「旅」の「旅立つ日」でスタートしました。
新しい年の門出にふさわしい歌い初めです。
加えて、この日から臨時団員の方も参加され、わくわくする練習風景となりました。

練習は「旅立つ日」から始まって、順調な滑り出しで「村の小径で」「旅のよろこび」「なぎさ歩めば」と4曲まで進み、前半を終えました。

後半のモーツァルト作曲「リタニア」は「Tremendum」と「Pignus」の2曲。

今日は3週間ぶりということもあり、皆さん、かなりノリノリで、十分歌ったという充実感がありました。

「合唱団ニュース」と「合宿のしおり」を発行しました。
午後9時から男声パートの新年懇親会が催されました。
全員が揃うテノール・バスの合同の懇親会は初めてでしたが、賑やかな会話が弾みました。
 

歌い初めは1月7日(金)です

 投稿者:朝倉  投稿日:2011年 1月 2日(日)11時14分8秒
  明けましておめでとうございます。
皆様、お元気で良いお年をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。

4月10日の定演に向かってスタートする合唱団の歌い初めは7日です。
「旅」の臨時団員の皆様も、7日にお会いしましょう。
新しい仲間も大歓迎です。

今年も、皆様にとって、すばらしい音楽の出会いがいっぱいありますように祈念します。




 

オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」上映会

 投稿者:樂画会  投稿日:2010年12月27日(月)10時48分8秒
  モーツァルトのオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」上映会のご案内を致したく、書き込みをさせていただきました。

◎音楽界の最高峰ウィーン・フィルとコロラトゥーラの女王グルベローヴァが新春に贈る、大人の恋のファンタジー!

◎大スクリーンで、歌手たちの精緻な演技や表情がお楽しみいただけます。

◎日本語字幕は映画の特徴として目で追いやすく、圧倒的に歌詞が分かりやすいと大好評!

皆様でお誘いあわせのうえ、お申込みいただければ幸いです。

詳細は公式ホームページをご覧ください。
http://gakugakai.com

●2011年1月29日(土) 銀座ブロッサムホール(中央区立中央会館)
※地下鉄有楽町線 新富町駅 1番出口徒歩2分

♪時間
①10時半~ ②3時~

♪入場料
前売り2500円
団体割引(5名様以上)2300円 ※全席自由 ※未就学児の入場はできません

♪お申し込み・お問い合わせ先
樂画会(がくがかい)
TEL 03-3498-2508 ※受付時間は平日9時半~17時半

貴重なスペースを有難うございました。

http://gakugakai.com

 

第九コンサート

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年12月23日(木)11時27分1秒
編集済
  17日は熱気あふれる練習の後、恒例の「聖しこの夜」で歌い納め。

先生からは当合唱団には珍しい2週間の休暇に入ることを踏まえ、歌い心、音楽へのアプローチ、イメージトレーニングに始まり、カラヤン指導の「第九」経験や、作曲家への思いなど、すばらしい講和・逸話を聞きました。
新しい年に向かって身が引き締まる思いでした。

19日は市民コンサート「第九」。
プログロムの名簿を見たら、団員が19人、休・元団員が11人、何と30人もの団関係者が出演していました。

当団も、明年6月26日(日)午後2時、埼玉会館で開催される浦和フィルの創立25周年記念・第50回定期演奏会で「第九」客演を控えているため、参加が多く、第九デビューされた団員もあり、心強く、嬉しいことです。
この浦和第九では、経験者の臨時団員も募集しています。

「第九」は、もう数え切れないほど歌いましたが、聴くのは本当に久しぶりです。
座席は前から5列目のセンターという、第九ポジションとしては必ずしも環境がよくありませんでしたが、旧知のオケ団員の熱演ぶりをじっくり拝見できました。
コーラスは伸び伸びとスケールの広がりを見せ、少数の男声の健闘ぶりが目に付きました。

ソプラノの柏原奈穂さんは、お母様から伺っていましたが「第九」ソロは初めてとのことでした。
BCJとの共演でのヘンデル「ユダス・マカベウス」で、その歌唱力をいかんなく発揮された熱唱をはじめ、美緒さんとの姉妹コンサートなどで絶妙の息遣いをされる楽しいステージも聴かせていただいています。

この日も、持ち味の声をいかんなく発揮されて、スケールの大きな音楽を聴かせていただきました。

また、当団の第15回定演のチラシをプログラム挟み込みという形で1,700部配布させていただきました。

当団からも、出演者の応援サポーターが大勢客席を占めました。
満員のホール、市民コンサートすべての関係者の皆様に、ご盛会のお祝いを申し上げます。

 

17日は歌い納めです

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年12月13日(月)13時40分8秒
  クリスマス・ソングが賑やかになり、街のイルミネーションもすっかり年末モードになりました。

合唱団も年50回目の練習日となる、今週17日(金)で歌い納めです。
定演が4月10日(日)、午後2時、森のホールという日程のため、年末年始は、その準備やメンタルハーモニー充実の行事やイベントがいくつかあります。
ぜひご参加ください。

歌い初めは1月7日(金)です。
この日から「旅」の臨時団員として参加される皆さんも、一緒に練習に加わります。
練習は午後6時から9時まで、松戸市民会館です。

また練習時間は、臨時団員も加わる「旅」を前半に(午後6時の発声練習から、おおよそ午後7時30分ごろまで)、後半はモーツァルト作品というスケジュールになります。

臨時団員は、経験者のみですが、目下募集中です。
ぜひご参加ください。
 

クリスマス・イヴ礼拝へのお誘い

 投稿者:M.Saitoh  投稿日:2010年12月 9日(木)17時38分34秒
   時に応じて松混ご有志の方々のご協力によりルーテル稔台教会でのクリスマス・イヴをキャロルで喜び、讃美する礼拝を支えて下さいました。今年も宜しくお願い致します。どうぞお誘い合わせのうえ、お出かけ下さるよう願っています。


          クリスマス・プログラムのお知らせ

 クリスマスの季節には、多くの方が教会をより身近に感じられるのではないでしょう商店街は、クリスマスツリーで飾られ、「ジングル・ベル」の歌なども流れています。
 教会では、御子の誕生を祝うこの季節にさまざまなプログラムを予定しています。どうぞ教会でのクリスマスを経験して頂きたく思います。皆様のお越しを歓迎します!メリー・クリスマス!

☆クリスマスの礼拝
・12月19日(日曜日)クリスマス主日礼拝 午前10時30分~
 メッセージ「マリアの讃美 Rejoice」
  礼拝に続き、イエス様の誕生を祝う持ち寄りによる祝会(昼食会)があります。大人
   だけでなく子供も楽しめる内容です。

・12月24日(金曜日)午後7時30分~ イブ礼拝
 メッセージ「楽を奏し共に楽しむ」
  松戸混声合唱団(有志)も加わり、音楽を豊かに取り入れた礼拝です。聖夜を教会で!

・12月26 日(日曜日)午前10時30分~ 主日礼拝
 メッセージ「逃げる Flee to Egypt」

☆子供礼拝
・毎週日曜日 午前9時30分~ 子供礼拝
 毎週子供向けのお話があります。なお12月12日(日曜日)にはお話だけでなく、子供
  たちがクリスマスカード作りをします(無料です)。子供たちの参加をお待ちしています。

         日本福音ルーテル稔台教会    牧師:栗 原 茂
      〒270-2231 松戸市稔台 7-1-2    Tel & Fax 047 (362) 4857
         Email: s-kurihara@jelc.or.jp    Email: minoridai@nifty.com
 

3大テノール 世紀の競演~特別上映版のご案内

 投稿者:Livespireメール  投稿日:2010年12月 3日(金)19時01分6秒
  突然の書き込み失礼いたします。

大変勝手ながら貴団体にご興味をもっていただけるのではと思い、Livespire
「3大テノール 世紀の競演~特別上映版」をご案内させていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Livespire 3大テノール 世紀の競演~特別上映版
        http://www.livespire.jp/movie/3tenors.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラス。
世界で初めて3人が共演した奇跡のコンサートが20年の時を経て、
スクリーンに蘇る!

世界中の人々を虜にした3大テノールの貴重な映像をHD映像に
アップコンバートして、映画館の大画面でご覧いただけます。

<予告編はこちら>
http://www.livespire.jp/movie/3tenors/3tenors_trailer.html


2011年1月15日より、以下の映画館ほか全国で順次上映スタート!!

東京:新宿バルト9
神奈川:横浜ブルク13、109シネマズ川崎

★その他上映スケジュール・上映館、詳細は公式サイトでもご覧いただけます。
http://www.livespire.jp/schedule/3tenors.html

■鑑賞料金
当日2,000円  前売1,500円(劇場、コンビニ・プレイガイドで絶賛発売中)
http://www.livespire.jp/ticket/index.html#3tenors

どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.livespire.jp/movie/3tenors.html

 

ジョン・健・ヌッツォとサロンオーケストラのコンサートのお知らせ

 投稿者:アンフィニスタジオ  投稿日:2010年12月 3日(金)00時22分3秒
  突然の書き込み失礼いたします。

このたびテノールのジョン・健・ヌッツォ氏を迎え
「サロン・オーケストラと歌のクリスマスコンサート」開催します。

ジョン・健・ヌッツォ氏は、ウィーン国立歌劇場専属を結び、
世界有数の歌劇場の常連となった経歴を持ち、
またNHK紅白歌合戦にも出演されています。
とにかく素晴らしい声ですので、お誘い合わせの上、
ぜひお聴きくださいますよう、お願い申し上げます。

ジョン・健・ヌッツォ サロン・オーケストラと歌のクリスマスコンサート
【日時】2010年12月15日(水) 開場18:30 開演19:00
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター・小ホール
【入場料】一般3000円
     おやこペアチケット4500円
【予約先】 050-5532-8551 アンフィニ
【HP】http://salonconcert.com/partner/nuzzo.html


☆☆今回特別価格チケットをご用意いたしました!☆☆
  一般2000円、小中高生1000円とさせていただきます
  予約の際に「割引一般」「割引小中高生」とお伝えください。
  ※ホームページからの場合、通信欄にご記入ください

http://art-music.net/

 

モーツァルトの再発見!

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年11月14日(日)13時46分12秒
  12日の練習は、モーツァルトのアンサンブルパートを歌唱される若手ソリスト4人全員が勢揃いされました。

団員もほぼ全員揃い、午後6時から9時までの3時間、モーツァルトの演奏曲2曲をびっしりと合わせました。

アンサンブルと合唱が交換する部分が多い作品なので、合唱部分だけを練習していたのと全くといっていいほど趣が異なり、作品の全体像を把握でき、演奏内容の具体的なイメージを掴むこともできました。

この時期に、合わせられたのは、本当に幸運でした。
皆さんからも、いつにも増して、いい練習でしたという声を聞きました。

華やかな「レジナチェリ」と声を掛け合う「リタニア」の力強さを、ある意味で余裕を持って、楽しく練習ができました。

「リタニア」を演奏したいという強い願いが実現し、私にとって、まさに「モーツァルトの再発見!」でした。

そして、佐藤眞先生をお招きしてのオケ版「旅」と合わせ、さらにソリストS嶋崎裕美さん、T小林大作さんが加わる豪華なステージが、とても楽しみです。

第15回定演、本番は来年4月10日(日)、森のホールです。
ぜひご予定おきください。
 

11・13(土)受賞記念演奏発表会

 投稿者:いそざきメール  投稿日:2010年11月11日(木)09時58分6秒
編集済
   先日開催された松戸市合唱祭、
リハーサルと本番演奏会にみなさんとご一緒できて大変感激でした。二次会反省会の盛り上がりも熱のこもった「まつこんデー」を感じることができました。
 さて、表題の発表会ですが、松戸市小中学校は、本年度も全国大会、関東大会で優秀な成績を収めました。
その受賞記念演奏会が、
13日(土)森のホール21大ホールで開催されます。
 開場 9:10  開演 9:30 入場無料 終演 12:00

発表校
(1)合唱の部
   松戸市牧野原小学校  第一中学校  第四中学校  六実中学校
(2)合奏の部
   松戸市第三中学校  第四中学校 第五中学校  和名ヶ谷中学校

 優秀な成績を収めた学校の演奏会を、広く松戸市民に鑑賞していただける機会です。

 松戸市には、森のホール21という優れた大ホールがあります。ジュニアのころから、素晴らしい演奏会場で音楽演奏を体験できることは素晴らしいことです。全国レベルの各種大会で素晴らしい成績を続けるジュニアの演奏成果は、とても心強いく、誇らしく感じます。

 舞台芸術活動の本拠地として、松戸市では大ホールの大掛かりな改修工事を予定していますが、設備の修繕やホール全体の音響環境の整備などを、こんごとも合唱を愛する皆さんと一緒に、行政に要望をしていきたいと思います。
 土曜日の午前中です。
小中学生の生の演奏迫力と、会場の熱気を肌で感じられて、ご鑑賞いただきたく、ここにご案内いたします。
(演奏会に行かれた方へ・・・、後日、雰囲気、ご感想などをお聞かせください)
 

さあ、モーツァルトへ

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年11月10日(水)17時11分16秒
  合唱祭も終わり、「旅」も、先ずは一通り区切りがつきました。
今週からは、ぐっとモーツァルトにギア・チェンジします。
12日は、ソロも入りますので、予習をしっかりして置きましょう。
 

演奏会チラシ秋のキャンペーン!

 投稿者:クローバーアートメール  投稿日:2010年11月10日(水)01時02分41秒
  突然の書き込み失礼致します。

演奏会チラシ制作の「クローバーアート」と申します。

♪本日は皆さまに低価格での演奏会や発表会のチラシ、チケット、プログラム
のデザイン、印刷のお知らせです♪

■クローバーアートでは当社独自のシステムと作業の効率化により、デザイン
から納品まで演奏者の皆様にご負担のかからない低価格での料金設定が実現致
しました。演奏会、リサイタル・コンサートチラシ印刷のことなら是非ともこ
の機会にご利用下さい。

■クローバーアートWebサイトでは只今「秋の割引キャンペーン」を11月30日
(火)まで行っております。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

  Clover-art【クローバーアート】
  tel:048-291-9676(10:00~18:00)
  fax:048-291-9677(24時間受付)
  ◇mail:office@clover-art.com
  ◇URL: http://www.clover-art.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

http://www.clover-art.com

 

お疲れさまでした・・合唱祭の意義を再考しよう!

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年11月 8日(月)12時13分47秒
  合唱祭、お疲れさまでした。
なが~い、なが~い半日でした。

前日(金)の夜、練習後の帰り際、先生から「明日の予定を調整して、リハーサルから出られるようになりました」という申し出があり、とても心強いものを感じました。

長躯、横浜から駆け付けた奈良さん、団員60人(残念ですが、急用の方も含め12人が欠席でした)が、オープニングの「歌がある」から講師・坂本かおるさんの「夕焼け小焼け」まで、指導者と全団員が指定席で各団体の演奏を聴いたことはとても意味あることであり、合唱祭の意味と雰囲気を十分感じることができました。

当団の演奏はラストでしたが、団結力と安心感も手伝ってか、集中力を感じ、この時点での演奏として、ほぼ納得できるものでした。

急遽設定された打ち上げに、あんなに集まったのも、余韻を語り合いたいという気持ちの表れでしょうか。
久しぶりに2次会にまで足を運びましたが、ここでも熱心な反省会と交流ができました。

それにしても、それにしてもです。
演奏中のホールは空席だらけ・・。
ステージから、思わず数えてしまうほど。
団員の数を少し上回ったほどの客席でしたが、声はしっかり響きました。

合唱祭の不入りは、もう語りつくされるほど議論してきました。
先の打ち合わせ会でも、理事長から「1階を満員にしましょう。みんなで誘いあって、聴き合って・・そうでなければ合唱祭の意味はない・・」という趣旨の厳しく、固い決意が述べられました。

初日6日(土)の状況には、ご苦労された役員さんの無念さ、気持ちはいかばかりでしょうか。

合唱祭は、多くの個性ある合唱団の演奏を一度に聴ける場であるので、私はあちこちの合唱祭に出かけています。
隣接の柏、流山、我孫子市はじめ東京都は毎年、神奈川県、墨田区、台東区、新宿区、千代田区、文京区・・もうやめましょう、列記すると山手線と中央線を一回りしそうですから。

他の合唱団の演奏を聴くことは楽しいし、勉強になります。
新曲を聴くのも、情報を仕入れるのにもいい場です。
それに、旧知の仲間や、指導者などとの思わぬ出会いが、たくさんあります。
合唱祭の意義を、もう一度、原点に返って、自分にとって合唱祭って何だろう・・と皆さんで考えてみたらいかがでしょうか。
 

松戸市合唱祭に出演します

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年11月 2日(火)08時51分6秒
編集済
  松戸市合唱祭が今週末、森のホールで開かれます。
松戸混声合唱団は、定期演奏会や他のステージとの関係から3年ぶりの出演になります。

当団の出演時間は、11月6日(土)午後3時24分~32分と予定されています。
18団体が出場するAブロックのラストステージです。
ステージ進行の都合で、時間は多少変わる可能性もありますのでご留意ください。

演奏曲は、佐藤眞作曲『旅』から「旅立つ日」「かごにのって」「行こうふたたび」の3曲です。
来年4月10日(日)森のホールの定演では、佐藤先生に指揮していただき、オリジナルのオーケストラ版ですが、合唱祭ではピアノバージョンでお楽しみください。。

ぜひご来場のうえご感想をお聞かせください。
 

今週10月29日の練習会場は小金市民センターです

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年10月25日(月)12時08分21秒
編集済
  既に「ニュース」などで何度もお知らせしてありますが、今週(29日)の練習会場は「小金市民センター」(☎047-343-8641)です。

JR「北小金駅」南口下車(サティ側)、徒歩約10分です。
団員各位、初めての方、見学者の方々、お間違えのないようにしてください。

合唱祭に向けて、最終調整になります。
森のホールをイメージして、復習をしておきましょう。
 

浦フィル「第九」出演に向けて

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年10月25日(月)12時06分22秒
  17日、浦和フィルハーモニー管弦楽団さんの第49回定演を聴かせていただきました。
チャイコフスキー「幻想序曲:ロメオとジュリエット」、モーツァルト「交響曲第27番」、ドヴォルジャーク「交響曲第5番」という重厚なプログラムでしたが、弦の統一感、管の正調感がすばらしい演奏会でした。

ホール入口のボード、プログラムのお知らせに第50回記念定期演奏会の次回定演「第九」の告知があり、一瞬、緊張しました。

今年の松戸市民コンサートは3年ぶりの「第九」ですが、浦和フィルさんのステージ出演に向かって、当団の団員参加が多いようです。
団員のモチベーションの強さを感じて、すごく嬉しいです。

「第九」にすばらしいソリストが揃いました。
まだ団員にお知らせしていませんのでネクスト・チャンスで。
 

今週10月8日の練習会場は小金市民センターです

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年10月 3日(日)11時28分5秒
  既に「ニュース」などで何度もお知らせしてありますが、今週(8日)の練習会場は「小金市民センター」(☎047-343-8641)です。

JR「北小金駅」南口下車(サティ側)、徒歩約10分です。
団員各位、初めての方、見学者の方々、お間違えのないようにしてください。

「付記」
10月29日(金)も小金市民センターです。
 

松戸市合唱祭に向かって

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年 9月22日(水)12時31分54秒
編集済
  松戸市合唱祭が11月6~7日の両日、森のホールで開かれます。
当団は6日(土)に出演し、演奏時間は午後3時過ぎの予定です。
ということで、練習も、当面の目標を合唱祭に向けていきます。

17日は、発声に続き「リタニア」の「Hostia sancta」を久しぶりに練習。
この曲では、18小節辺りの「miserere」で象徴的に展開するように、音楽の流れが、∽字型(F1レースのコースみたい?!)の動きを感じて歌唱するように、そして途切れないように。

この∽型は、ソロ演奏ではよく見られる形ですが、合唱では珍しいパターンのようです。
これもモーツァルトのなせる技でしょうね。

早めの休憩の後は、合唱祭の演奏曲「旅」の3曲に取り組み。
「7.行こうふたたび」の出だし「かたろう かたろう~」は、雄弁にならず、遠くに語りかけるように。
発声練習を活かし、音の質を変えないこと、音楽が切れないように。

言葉の意味することは尊重しつつも、音楽的表現としては、個々の言葉の意味にとらわれ過ぎないように・・。
旅人を愛する気持ち(並行に見て)、同化してしまわないこと。

「5 かごにのって」はリズムをしっかり捉えること。
やわらかい響きと子音をはっきりさせることなど。

「1 旅立つ日」は1回通しただけでタイムアップ。

合唱祭まで、あと7回。
そこまでに「旅」3曲は本番の仕上げのつもりで練習していきます。
今年は、この1回のステージを大事にし、本番につなげて行きましょう。
 

活気が出てきました

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年 9月13日(月)07時39分48秒
  9月に入って猛暑が続いていますが、合唱団は、一段と活気が出てきました。
10日の練習では、本番の森のホールを想定した発声を心がけることを常に意識することを、重ねて指摘されました。

口を開けることよりも、のどの奥を広げるという基本を常に意識して、母音を響かせること、母音の替わり目で、音質が変わらないように注意すること。

練習曲は「リタニア」の「Tremendum」と「Pignus」。
全体として寄木細工のような形を崩さないこと。
「Pignus~」で始まるパートはハッキリと正確に。
テンポが崩れる部分があるので注意すること(16分の連続音符の上・下音型部分)など。

「旅」は「かごにのって」。
冒頭の男声3パートのスタッカートは発声練習を想起し、アクセントも整えることで繰り返し練習。
ここは急がず・遅れずに、との注意。

「行こうふたたび」は、音楽の流れを切らさないこと、随所に出てくるesprを、たっぷりと活かし、表現すること。
「希望に燃え立つ」は若者の意志・憧憬をはっきりと、和音を確定させること。

先日見学されたソプラノさんが入団されました。
また新しい力が加わりました。
団員が増えるのはとても嬉しいことです。

男声に見学者がありました。
「旅」臨時団員を募集していますが、経験ありで、そちらに参加希望されました。

練習参加率が高まってきて、いい雰囲気になってきました。
当面は、合唱祭のステージにも取り組みます。

練習後の交流反省会は大勢集まって音楽談義に花が咲き、盛会でした。
楽しい暑気払いができました。
 

レンタル掲示板
/41