投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


一人の少年が静岡市を動かした

 投稿者:伊藤 彬メール  投稿日:2008年11月19日(水)19時55分19秒
返信・引用
  今晩は。少し寒くなってきましたが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?風邪も流行りそうです。ご自愛のほどをお願いします。
先日(2008/11/8)東京の国立がんセンターで「公共空間のタバコ撲滅大作戦!」と言うタイトルの講演会がありました。そこで、表題の「一人の少年が静岡市を動かした!」話が紹介されました。静岡在住の皆さんにとっては、すでに旧聞でしょうが、私にとっては耳新しいニュースでした。大石悠太君という少年(今は高校生)が小学4年生の時に感じたタバコの害(喘息の発作)をなんとかしようと勉強と調査を始め、「タバコの煙は子への虐待」であることに気づきました。
この受動喫煙の害をなくしたいと思いから、東京都千代田区の「歩きタバコ禁止条例」が制定され路上の喫煙率が減ったことを知りました。静岡市でも「路上喫煙禁止条例」を制定して欲しいと呉服町商店街のお店に、また、多数の市民(2万4千人)の署名を集め、条例制定の請願をしました。
そして、市議会はこの少年の願に耳を傾け、条例が制定されました。しかし、最初は歩きタバコは禁止するけど、立ち止まっての喫煙は許されていたし、罰則も無い不十分なものでした。大石悠太君のさらなる要望で、2006年7月に罰則付きの条例が制定されました。今年の5月の「世界ノータバコデー」には、世界保健機構(WHO)から表彰を受けました。
この活動を国立がんセンターの「タバコ撲滅大作戦!」で「受動喫煙防止にむけて」と題して報告してくれました。この少年の取り組みに感動して、ここに掲示しました。以下の大石悠太君の発表スライドをお読みいただき、禁煙の大事なことを理解していただけると幸いです。今からでも遅すぎることはありません。まだタバコを吸い続けている方は。大石悠太君の願に応えて、禁煙に足を踏み出しましょう!

http://ganjoho.jp/public/event/2008/odjrh3000000vf7r-att/4_oishi_20081108.pdf

 

掲示板の変更

 投稿者:粟野 淳メール  投稿日:2008年 6月 9日(月)08時25分48秒
返信・引用
  今までの掲示板のサイトが無料掲示板を止めてしまったので、新に別のサイトに今度は有料(245円/月)で登録しました。下に、このサイトの宣伝用リンクが有ります。
未だ使い方を把握していないので見難いところが有るかもしれませんが、そのうち色々試してみます。
皆さん、近況報告や同窓会の感想など画像もアップして、これからは大いに活用して下さい。
 

/1