teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


NHK BSプレミアムで「にっぽん百名山 御在所岳」放送

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 7月29日(水)16時10分27秒
返信・引用
  NHK BSプレミアム「にっぽん百名山 御在所岳」が2020年8月3日(月)19:30~20:00に
放送されます。

御在所岳の「藤内壁」は多くのアルピニストが育った場所として有名な場所で、
1964年の長野県山岳連盟(当時)ヒマラヤ登山隊ギャチュンカン(7922m)初登頂に
参加され初登頂に成功した加藤幸彦さんもここでトレーニングされました。

この加藤幸彦さんを番組で紹介したいとの依頼が長山協にあり、長山協の協力で
初登頂の写真を番組で使用する事のご家族の承認を得る事が出来て
「頂上に立つ加藤幸彦隊員」写真が紹介されます。
興味のある方はご覧ください。

写真上:ベースキャンプからギャチュンカンを望む
写真下:頂上に立つ加藤幸彦隊員
 
 

花三昧の旅

 投稿者:okapi  投稿日:2020年 7月22日(水)17時56分58秒
返信・引用
  今回も花三昧、19-20日、またも梅雨の合間に恵まれ、白馬岳に登ってきました。
涼しい大雪渓を詰め、白馬山荘泊。
この日の泊まりは50人ほどでゆったり。

感染症対策で、マスク着用、アルコール、インナーシーツ、枕カバー、ゴミ袋持参の案内有り。
宿帳はダウンロードしてあらかじめ記入の上お持ちくださいとのことでした。

今年のコマクサは花付きも良く、ちょうど見頃に間に合いました。

上の写真
上段左:テガタチドリ、中:大雪渓、右:キヌガサソウ
中段左:オオバミゾホオズキ、中:クルマユリ、右:イブキフウロ
下段左:ミヤマクワガタ、中:コマクサ、右:イワツメクサ

下の写真
上段左:チングルマ集合果、中:ウルップソウ、右:シコタンソウ
中段左:雪渓とお花畑、中:白馬岳稜線の流紋岩、右:ミヤマアズマギク
下段左:タテヤマリンドウ、中:ミヤマコゴメグサ、右:ゴゼンタチバナ



 

氷河期遺存植物

 投稿者:okapi  投稿日:2020年 7月 3日(金)16時49分26秒
返信・引用
  7月2日、八ヶ岳、美濃戸~硫黄岳・横岳・赤岳と周回してきました。
梅雨の合間で、日差しはほとんど無く、ガスの中冷たい風に吹かれる花は、まさに『氷河期の生き残り』を実感させる佇まいでした。

(写真上段)左:硫黄岳山頂、中:ウルップソウ、右:ミヤマシオガマ
(中段)左:硫黄岳周辺は礫も色とりどり、中:横岳稜線、右:コナヒメウメノキゴケ(間違ってたらごめんなさい)
(下段)左:イワヒゲ、中:チョウノスケソウ、右:ツガザクラ

 

コロナ対策しながら6月例会山行で霧訪山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 6月24日(水)23時18分5秒
返信・引用
  6月21(日)に6月例会山行、霧訪山に登りました。
 飯田山岳会の例会登山は新型コロナウィルス感染拡大、緊急事態宣言の為に
延期となっていました。緊急事態宣言も解除されて6月に再開される事になり
ました。コロナ対策として三密を避けて少人数、レベルを下げる、日帰りでマ
スク持参、消毒薬持参などを行いました。
 6月21日(日)に北小野霧訪山登山者駐車場に飯田山岳会会員9名が集合
しました。ここで班を二つに分けて4名は北小野登山口から登り、五名は下山
口の山ノ神自然園から登る班に分かれて登り出しました。五名は車で山ノ神自
然園まで移動します。この車の鍵は途中で交差した時に渡して北小野から登る
班が乗って帰ります。
 話をする時はなるべく間隔も開ける事を心がけてマスクもして登ります。
大芝山とたきあらしの峰との中間点付近で出会う事が出来て無事に鍵を渡す事
が出来ました。その後霧訪山山頂を踏んで無事に北小野登山口に下山し、山ノ
神自然園からも四名が戻って合流する事が出来ました。
 霧訪山山頂は快晴で大勢の登山者が展望を楽しんでいました。

写真上:クロス縦走の交差点でマスクを付けて
写真中:霧訪山山頂にて
写真下:北小野登山道登山者駐車場にて
 

緊急事態宣言全面解除を受けて山岳四団体の声明

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 5月28日(木)22時44分53秒
返信・引用 編集済
  政府の緊急事態宣言全面解除を受けて、日本山岳・スポーツクライミング協会より山岳
スポーツ再開に向けたガイドライン(指針)が発せられました。山岳4団体の声明となります。
周知いただきたくよろしくお願いします。


    2020.05.27
  <山岳四団体声明>政府の緊急事態宣言全面解除を受けて山岳スポーツ愛好者の皆様へ
                           令和2年5月25日
   政府の緊急事態宣言全面解除を受けて
      山岳スポーツ愛好者の皆様へ

 本日(令和2年5月25日)、政府は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除を発表しまし
た。国民、そして山岳スポーツ愛好者にとっては待ちに待った宣言解除です。山岳スポーツ自粛をお願いしてまい
りました山岳四団体として、自粛要請の重要性をご理解いただき、ご協力くださいました皆様に厚く御礼申し上げ
ます。
 自粛解除後の山岳スポーツ再開にむけて基本的なガイドライン(指針)を下記に示しました。より詳細なガイド
ラインにつきましては自治体、所属の山岳団体、山岳会等のガイドラインを参考にしてください。ガイドライン遵
守は、山岳救助関係者、医療関係者、山域圏内の住民、そして山岳スポーツ仲間への相互感染を防ぎ、予想される
第二次感染症拡大防止に貢献します。
 全面解除を受けてもコロナウイルス感染の危機は常に存在します。
 引き続き皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

                    記

       「自粛」要請解除後の登山・スポーツクライミング活動ガイドライン
              感染させない、感染しないために

1. 近距離(100km圏内程度)でできるだけ都道府県を跨がない日帰り登山から始めましょう。

2. 体調不良(平熱を超える発熱、悪寒、倦怠感、息苦しさ、咳等)での登山は止めましょう。入山後にコロナ感染
   発症すると命に関わり、救助隊、収容先地元医療機関に多大の迷惑を及ぼします。

3. 登山は、少人数で行いましょう。(パーティーは、当面5名以内で。)

4. 自粛期間中、季節や地震による山容の変化、登山道の荒廃など思わぬ危険が潜んでいます。十分な登山ルートの
     下調べと地図、コンパスの持参、登山届けは必ず提出し、家族にも残しましょう。

5. 登山中でもマスクを着用しましょう。マスク着用時は、熱中症及び脱水には十分留意し、こまめに水分摂取を心
     がけましょう。

6. 登山、クライミングジムでのソーシャルディスタンスを守りましょう。
     一般的には2メートル前後ですが、登山中の場合は、さらに距離が必要と言われています。また、クライミング
     ジムでは建屋構造、利用人数等で制限がありますので、ジムの指針に従って行動してください。
     咥えロープ、滑り止めなどもジムの方針に従ってください。

7. 登山山域内での買い物や、下山後の呑み会等も地元住民への感染防止の観点から控えてください。食材、飲料、
     緊急食などは出発前に揃えておきましょう。

8. 自粛中に衰えた筋力、体幹を鍛えましょう


 今回の世界的新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、社会構造、経済が大きく変化し、それに対応する
  新しい生活様式の確立が必要になりました。登山もスポーツクライミングも新しい視点からの活動指針が必要です。
 山岳四団体でも皆様方のご協力を得ながら、安心で安全な山岳スポーツの再興を目指し努力してまいります。
 自粛期間中の皆様のご協力に重ねて厚く御礼申し上げます。
  ありがとうございました。
                       山岳四団体
                                                        公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
                                                                                     日本勤労者山岳連盟
                                                                                公益社団法人 日本山岳会
                                                                        公益社団法人 日本山岳ガイド協会
 

緊急事態解除後の山岳四団体からのお願い

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 5月19日(火)10時10分32秒
返信・引用
  緊急事態宣言の解除により、山岳四団体から新しい声明が発表されました。
長山協でも検討中です。
飯田山岳会でも皆さんに今後の対処につきまして後程お伺い致します。
山岳四団体からの声明です。

山岳スポーツ活動自粛のお願いーー山岳四団体
山岳スポーツ愛好者の皆様へ(2)               2020年5月18日(月)

 令和2年4月20日、皆様にご案内申し上げましたコロナ禍に伴う山岳スポーツ活動の
自粛要請につきましては、皆様方のご理解とご協力を賜りまして誠に有難うございました。
 さて、コロナ禍は地域によってその感染状況が異なり、現況を踏まえ本日政府から改めて
緊急自粛要請を継続する都道府県、あるいは解除された39県の発表がございました。私共
山岳四団体としましてもこの発表を受け、下記の通り再度皆様へ山岳スポーツ活動のお願い
をさせて頂きますので、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。
 私共山岳スポーツ愛好者の活動自粛への協力が1日も早いコロナ禍収束へつながることを
期待しております。

               記

1.緊急事態宣言が解除されない都道府県の皆様へ
  東京都、大阪府、京都府、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道が該当します。
  これらの都道府県に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されている皆様には、
  政府発表の緊急事態宣言継続主旨を重く受け止めていただき、引き続き山岳スポーツ活動
  の自粛をお願い申し上げます。

2.緊急事態宣言が解除された39県の皆様へ
  緊急事態宣言が解除された県内に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されて
  いる皆様につきましては、今後も、ご自身あるいは周囲への感染拡大の恐れもございます
  ので、緊急事態宣言が解除されていない都道府県での山岳スポーツ活動は引き続き厳に自
  粛いただきますとともに、県を横断する山岳スポーツ活動についても、多人数での登山を
  控えるなどの慎重な行動をお願いいたします。

                                   《山岳四団体》
                  公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
                                 日本勤労者山岳連盟
                              公益社団法人 日本山岳会
                          公益社団法人 日本山岳ガイド協会
 

山岳四団体よりのお願い

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 4月22日(水)17時08分8秒
返信・引用
  飯田山岳会の皆さん。伊久間です。
新型コロナ問題と登山について山岳四団体からのお願いです。
私からもこの時期に登山する事に対してもうしばらく自重して頂きたく、お願い致します。
誰も居ない山ならば行っても問題ないだろうとお考えかも知れませんが、もう一歩踏み込んで
お考え下さい。
もう少しの辛抱です。宜しくお願い致します。


<山岳四団体声明>山岳スポーツ愛好者の皆様へ
                                  令和2年4月20日
              山岳スポーツ愛好者の皆様へ

 新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。
 山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライ
ミング施設の閉鎖が相次いでいます。
 新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がで
る感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。
 全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられていま
す。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への
感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。
 この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御
に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いい
たします。
 山岳スポーツに係わる皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染
危機が一日も早く収束することを願っております。
 近々事態が収まり、山で、岩場であるいはスポーツクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにし
ております。

   山岳四団体
   公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
                  日本勤労者山岳連盟
               公益社団法人 日本山岳会
           公益社団法人 日本山岳ガイド協会
 

富士見台~横川山~南沢山

 投稿者:ナオ  投稿日:2020年 4月 5日(日)21時55分44秒
返信・引用
  富士見台から南沢山までLeeさん、てら子さんと縦走してきました。
萬岳荘を過ぎて富士見台を目指すと・・・

樹氷や羊がお出迎えしてくれました♪
思わぬ自然のプレゼントでした。

横川山に到着する頃には風も収まり、天候も次第に回復してきました。
陽に輝く樹氷を楽しみながら南沢山を経由して下山しました。

上 神坂山の樹氷
中 羊さん
下 笹の中の快適な道
 

中央アルプス国定公園指定されました

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月28日(土)20時03分47秒
返信・引用
  中央アルプス県立公園が、国定公園に指定されました。

長野県(環境部)プレスリリース 令和2年(2020年)3月27日

希少な氷河地形や貴重な高山植生等がみられるなど、傑出した自然環境を
有していることが評価され、国内で57カ所目、県内では、51年ぶりの新た
な国定公園として、「中央アルプス国定公園」が環境大臣により、指定さ
れましたのでお知らせします。

木曽山脈の北部の茶臼山から木曽駒ヶ岳、空木岳等を経て大平峠、風越山
に至る主脈一体とその他飛地

(1)指定年月日 令和2年3月27日(金曜日)
(2)指定面積 35,116ヘクタール
(3)構成市町村 13市町村(4市6町3村)

 ほぼ全山が花崗岩で形成される非火山性連峰であり、木曽駒ヶ岳の南側
には、希少な氷河地形であるカールや氷河湖、コマウスユキソウ、コケコ
ゴメグサなど
の貴重な高山植生が存在しています。


環境省自然環境局国立公園課
令和2年3月27日
57カ所目となる国定公園「中央アルプス国定公園」が誕生します。
本日令和2年3月27日(金)、自然公園法(昭和32年法律第161号)第5条第3項及び
同法第7条第3項の規定に基づき、国内で57カ所目の国定公園として、
「中央アルプス国定公園」を新たに指定します。

 本件について、平成31年3月に長野県知事の申し出を受け、令和2年1月27日付け
で中央環境審議会意見が答申されました。本日令和2年3月27日(金)、自然公園法
(昭和32年法律第161号)第5条第3項及び同法第7条第3項の規定に基づき、国内で
57カ所目の国定公園として、「中央アルプス国定公園」を新たに指定します。

 今回の告示により、長野県南部に位置する木曽山脈のほぼ全域(南北約100km)と、
木曽谷に位置する寝覚の床及び木曽田立の滝周辺の地域一帯を新たに国定公園に指定
することになります。国定公園の指定は平成28年3月の京都丹波高原国定公園(京都府)
以来、約4年ぶりとなります。

 中央アルプスは長野県南部に位置し、東に天竜川が流れる伊那谷、西に木曽川が
流れる木曽谷に挟まれた東西約20km、南北約100km に走る木曽山脈の通称名であり、
ほぼ全山が花崗岩で形成される非火山性連峰です。木曽駒ヶ岳の南側には、代表的な
氷河地形であるカール(圏谷)、モレーン(堆積堤)、氷河湖等が存在するとともに
、木曽谷周辺は、山岳部と共通した花崗岩地形の特性を有する地域で、木曽川の水流
によって侵食されてできた渓谷地形や多数の滝が分布しています。

 

スノートレッキング

 投稿者:てら子  投稿日:2020年 3月18日(水)10時13分23秒
返信・引用
  17日冬の上高地散策にとよりん・Ree・てら子の3人で行ってきました。前日20㎝ほど積雪があり朝からキンキンに冷え込んだ釜トンネルを息を切らしハイテンションで登って行きました。
沢渡では快晴でしたがトンネルを抜けるとそこはなんと一転曇り空でした。大正池ホテルから河童橋まで念願のワカンを装着して存分に雪の上を歩いてきました。あいにく穂高連峰は見渡せませんでしたが静寂なこの季節に訪れることが出来て良かったです。
写真上:明神岳をバックに。
写真中:願いは届かず穂高はガスの中
写真下:今度は泊りで来ようね~。
 

北横岳に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月15日(日)18時23分41秒
返信・引用
  3月12、13日(木、金)に霜田さんをリーダーに北原さん、越智さん、
寺澤さんと北横岳に登りました。
登りはコロナが心配だと言う事でロープウェイには乗らずに麓から歩いて
登りました。
八ヶ岳も雪は少なく、ワカン、スノーシューは全く不要でアイゼンだけで
登る事が出来ました。
快晴に恵まれ素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
北原さんは12日だけの日帰りでしたが残りの四人で北横岳ヒュッテに一泊
してお楽しみの「寄せ鍋」を食べる事が出来ました。小屋では食事の希望
はできず、「馬肉のすき焼き」だったのですが、寺澤さんの強い希望で
小屋のオーナーの島立さんも特別に寄せ鍋を出してくれました。

13日は縞枯山、茶臼山を廻ってロープウェイで下りました。

写真上:雨池山の登り
写真中:北横岳山頂にて
写真下:茶臼山から中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰
 

阿弥陀岳 北稜 赤岳 主稜

 投稿者:石石石  投稿日:2020年 3月12日(木)21時58分36秒
返信・引用 編集済
  阿弥陀岳北稜と赤岳主稜を登りました。
先輩の指導の下自分の限界以上のクライミングでした。(入門クラスで?)
いつかは先輩のような安定したクライミングを身に着けたいと思った山行になった。
写真1 阿弥陀 北稜取付き (ビビり始め)
写真2 阿弥陀山頂 浮かれ気味
写真3 赤岳主稜 満面の笑顔(頭のネジが1本抜けている 立っているのが困難なん場所)
 

鉢伏山からの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月10日(火)16時44分8秒
返信・引用
  てらこさんの絶景写真に山名を付けて見ました。

写真上:鉢伏山から妙高山方面
写真下:鉢伏山から北アルプス、後立山連峰
 

わかん出番なし

 投稿者:てら子  投稿日:2020年 3月10日(火)10時43分52秒
返信・引用 編集済
  とよりんと地形図をにらめっこしながら絶景スポットへ行ってきました。前日里では雨降りだったのでもしや鉢伏山ではふかふかの新雪が期待できるのではと登山を始めましたが標高1300m~1600m辺りに2cm程度の雪が降った位で残念ながら車道出合辺りから山頂までは降った様子はなくわずかな残雪のみでした。9日は快晴・微風(暖かい風)良い天気に恵まれた山行でした。この日登山者は同じ牛伏寺から単独の女性と扉温泉からやはり単独の女性のみの4人でした。
写真上:妙高方面でしょうか
写真中:富士山は霞んでいますがやはり大きな存在
写真下:360度写せなくて残念です。10時頃まで濃い雲海で街は全く見えませんでした。
 

松川町から塩見岳の展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月 7日(土)11時37分10秒
返信・引用
  見る方向によって山は姿を変えます。
松川町から眺めた塩見岳、本谷山から二児山までの稜線です。
 

陣馬形山よりの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月 7日(土)01時53分27秒
返信・引用
  てらこさんの陣馬形山よりの展望写真に山名を付けました。  

春の予感

 投稿者:てら子  投稿日:2020年 3月 6日(金)22時45分45秒
返信・引用
  静かな貸切を期待して陣馬形山へ体力作りに行ってきました。が、支障木伐採の作業の方、自転車を担いで展望台へ来られる方、車道の途中から登山道を歩いてきた方と快晴の今日は入れ替わり訪れる方に出会いました。
写真上:標高1445mの積雪はこの程度
写真中:ほぼ無風春霞でしょうかクリアーに撮れません
写真下:とよりんが歩いた二児山から本谷山へ続く北西尾根
 

本谷山からの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月 6日(金)17時53分48秒
返信・引用
  とよりん、素晴らしい藪山縦走でしたね。
本谷山からの展望に山名を付けてみました。
 

本谷山北西尾根リベンジ

 投稿者:とよりん  投稿日:2020年 3月 6日(金)16時23分50秒
返信・引用
  本谷山から二子山に続く北西尾根を辿って来ました。3年前深い積雪と憎たらしい藪漕ぎが敵となり、樺山でジッエンド。敗退しました。今年は「雪が少ないからーチャンスかもー」長い長い尾根歩きですが、変化に富んだお薦めの北西尾根。歩ききれました。

写真上:正面手前入山、左奥樺山
写真中:ウンチ岩。おもしろい形
写真下:本谷山から北西尾根。奥アルプス達
 

節分草

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月 4日(水)18時47分0秒
返信・引用
  2月3日の誕生花は「セツブンソウ(節分草)」
「セツブンソウ(節分草)」の花言葉は「微笑み」「高貴」

科・属:キンポウゲ科・セツブンソウ属
和名:節分草
原産地:日本
開花期:2月~3月
 

春のプリンセス

 投稿者:てら子  投稿日:2020年 3月 4日(水)13時27分2秒
返信・引用
  モヤっとな昨今です。少し前に散策した時には全く見当たりませんでしたが、ひな祭りの日に
続々とお咲きになるお姿に魅了し元気をもらってきました。容姿・色合い・花言葉申し分ありません。ふ~んと可愛らしいなあ。
 

2月例会山行に大棚入山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 3月 1日(日)21時08分54秒
返信・引用
  2月29日(土)に岡さんリーダーで2月例会山行として塩尻市と木曽町の
境の大棚入山に登って来ました。
奈良井川支流のシシ沢出会いから暫くは林道を上がり、途中から稜線に
入って雪の積もった笹薮を上がりました。ワカンを付けたのですが雪が
まだ締まっていなくて踏んでも踏んでも崩れる雪で急な登りに苦労しま
たが、何とか山頂まで辿り着く事が出来ました。
あいにくの曇り空でしたが山頂の樹林の間から駒ヶ岳、仙丈ケ岳などが
見えました。

また、詳しくご報告致します。

写真上:山頂手前の登り
写真中:大棚入山山頂にて
写真下:山頂から少し下った所から仙丈ヶ岳
 

なんも見えない!

 投稿者:とよりん  投稿日:2020年 3月 1日(日)09時19分9秒
返信・引用
  26日に福島県側にあるグランデコスキーリゾートから西吾妻山に登って来ました。グランデコは若者に人気のスキー場らしく沢山のスキー客で賑わっておりました。がっ、辺りは真っ白しろでなんも見えません。ここはどこ?私は誰?状態です。どこからともなく声だけは聞こえて来ます、怖いですねー。目的でもあるスノーモンスターはというと、平年より積雪も少なく気温も高いせいか、ガリガリモンスターでした。

写真   ホワイトアウトの中。顔を左に傾けて見てくださいね。
 

リア充な中止

 投稿者:てら子  投稿日:2020年 2月24日(月)10時18分51秒
返信・引用
  冬型の天候回復が遅れてしまった23日計画していた山行は中止決定となり急きょ基礎的な実演練習を旧松川東小学校で10時から15時までみっちり欲張りな時間を過ごして来ました。いつもコンパクトに安心だけでザックに鎮座していたツェルトやスリング・カラビナ等装備品は緊急時にも応用の利く道具になる使用例も盛りだくさん終始K講師にお世話になりました。前回の復習でビーコン操作と捜索の流れまで女子の知りたいことは着きません勉強したことを無駄にしないように使える装備でこれからは出掛けたいと思います。次は読図!ロープワーク?
写真上:まだ生徒が通っていそうな校舎や体育館
写真中:状況に応じてツェルトの張り方を何通りも実習しました。
写真下:すっかり忘れてしまった三角巾の使用前の折り方。
 

天気の良い日の黒斑山

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 2月10日(月)23時58分56秒
返信・引用
  今回はガスで浅間山や周辺の展望がありませんでした。
天気の良い日の浅間山や北アルプスの展望です。

写真上:車坂峠表コース2160m付近から中央アルプス、御嶽山
写真中:車坂峠表コース槍ヶ鞘手前付近から四阿山、妙高山方面
写真下:黒斑山から浅間山
 

黒斑山写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 2月10日(月)19時55分51秒
返信・引用
  黒斑山の写真追加

写真上:黒斑山から蛇骨岳、仙人岳(Jバンド)
写真中:トーミの頭からの下り
写真下:高峰高原ホテルから黒斑山
 

黒斑山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 2月10日(月)19時53分52秒
返信・引用
  2月09日(日)にRieさんリーダーで上信越高原国立公園、小諸市の
黒斑山、蛇骨岳に飯田山岳会7人で登って来ました。
登山口の車坂峠では風が強く、視界は悪く気温も低くて心配されましたが
それ程の天気の崩れはなく、黒斑山山頂に立つ事が出来ました。
数日前から降った雪で雪山らしさを楽しむ事が出来ました。
山頂から正面に見える浅間山の姿が楽しみでしたが残念ながらガスで
眺める事は出来ませんでしたが下山しようとした時に一瞬その姿を
見る事が出来ました。
下山後の温泉に車坂峠の高峰高原ホテルの温泉に入りました。
ここの温泉は展望が良く、天気が良ければ富士山を正面に見ながら
入る事が出来ますが今回は見る事が出来ませんでした。
入浴後、ホテルのラウンジで休んでいる時に富士山、奥秩父連峰を
見る事が出来ました。

写真上:黒斑山山頂
写真中:蛇骨岳山頂にて
写真下:黒斑山から浅間山
 

松川烏帽子岳

 投稿者:オッチー  投稿日:2020年 2月 1日(土)21時21分0秒
返信・引用
  久しぶりの晴天に誘われて、テラ子さんと鳩打峠から松川烏帽子岳に登ってきました。
雪はほとんでなく、ようやく8合目あたりからアイゼンが必要になるくらいでした。
山頂からの眺めは最高でさすが地元の名山でした。
 

地獄谷野猿公苑のスノーモンキー

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 1月26日(日)20時51分55秒
返信・引用
  横手山山頂で日本一標高の高いパン屋さんで昼食にボルシチセットを食べ、
麓の地獄谷野猿公苑のスノーモンキーを見物して来ました。

写真上:横手山山頂にて
写真中:温泉猿を見る観光客
写真下:スノーモンキー
 

1月例会山行、志賀高原スキー

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 1月26日(日)20時48分32秒
返信・引用
  1月25~26日(土日)に1月例会山行として志賀高原スキー場に行って来ました。
快晴に恵まれ、雪も良い状態で、サンバレースキー場から奥志賀高原スキー場
までゲレンデツアーを楽しむ事が出来ました。
サンバレーのホテルに一泊して温泉、料理を楽しみ、翌日は横手山スキー場に
行き、渋峠スキー場で快晴の青空の下、スキーを楽しむ事が出来ました。

午前中でスキーを切り上げ、渋温泉地獄谷野猿公苑の温泉に入る猿、スノーモンキー
を見物して来ました。今年は暖かく、温泉の周囲にも雪は無く、温泉に入っている
猿は一匹もいませんでしたが、その周囲には沢山の猿が動物園の猿園の様になっていて
それを見て楽しむ観光客の方が多い位でした。その殆どは外国人の皆さんでした。

写真上:サンバレースキー場上部リフトにて
写真中:焼額山山頂の稚児池の上で
写真下:志賀の湯ホテルで
 

雪上訓練おさらい

 投稿者:ナオ  投稿日:2020年 1月13日(月)22時57分9秒
返信・引用
  1月12日に雪上訓練のおさらいをするために「北横岳」へ行ってきました。
多くのスキーヤーとボーダー、そして登山者で賑わっていました。
千畳敷ロープウェイが休止のためこちらへ変更した登山者も多かったようです。
山頂駅に着くと程なく雪が降り始め、その後は墨絵の世界に。
時々強い風が吹く中を、北横岳を目指しながら「ツボ足」そして途中でアイゼンを付けての歩行訓練を行いました。
北横岳山頂からの帰りに七ツ池でビーコン操作の練習を行いました。
その後は坪庭をぐる~と周り縞枯山荘まで行きました。
この付近で更に練習予定でしたが時間切れとなり下山しました。

上 エビの尻尾もかなり成長してました。
下 北横岳にて。
 

第2回冬合宿

 投稿者:石石石  投稿日:2020年 1月13日(月)12時13分22秒
返信・引用
  1月11日-12日 第2回冬合宿 「加加森山・池口岳」
第2回冬合宿として深南部加加森・池口に行ってきました。
工程が長く、加加森方面は踏み跡の無いラッセルで、静かなうえ
立ち枯れ地帯は神秘的で、見晴らしの良い尾根からは中央、御岳、北を
望むことができました。
17時頃三重方面に陽が沈みましたが、今までに見たこともないような
素晴らしい色合いに輝きしばし見とれました。
技術・体力・景観と素晴らしい合宿になりました。

写真-1 加加森山への尾根を望む JCからの下りは急登
写真-2 加加森山直下立ち枯れ地帯を行く
写真-3 尾根からは中央とその左に御嶽の景観が圧巻
 

志賀高原からの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 1月12日(日)23時02分21秒
返信・引用
  志賀高原からの展望に山名を付けました。

写真上:東館山ゴンドラ駅展望台からの展望
写真中:奥志賀高原スキー場から正面、苗場山、左上、鳥甲山、尾瀬の燧ケ岳、至仏山も見える
写真下:奥志賀高原スキー場から尾瀬の燧ヶ岳、至仏山周辺の山
 

志賀高原

 投稿者:伊久間  投稿日:2020年 1月12日(日)11時27分28秒
返信・引用
  1月11日(土)に志賀高原スキー場に行って来ました。
快晴に恵まれ、雪も良い状態でした。
三連休初日でしたがそれ程の混雑もなく、快適なスキーを
楽しむ事が出来ました。

1月25日に例会山行を志賀高原スキー場で行います。
まだまだ参加募集していますので参加をご検討下さい。

写真上:東館山ゴンドラ駅展望台からの展望
写真中:東館山ゴンドラ駅展望台から焼額山スキー場
写真下:奥志賀スキー場から正面、苗場山、左上、鳥甲山、尾瀬の燧ケ岳、至仏山も見える
 

新年山行は富士山三昧!!@金ヶ岳・茅ヶ岳

 投稿者:Ree  投稿日:2020年 1月 5日(日)17時54分3秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年をお祝いして初富士を拝みにテラコさん、ナオさんと一緒に金ヶ岳・茅ヶ岳をふれあいの里からの周回コースで歩いてきました。
天気良く最初から最後まで富士山、富士山、富士山!!!
もうお腹いっぱいです。

写真上 金ヶ岳山頂。私たちだけで貸し切り。
写真中 茅ヶ岳山頂。
写真下 千本桜から。春はここでお花見もいいな~夢は山岳カメラマン?
 

冬合宿 テン泊夜景

 投稿者:石石石  投稿日:2019年12月31日(火)18時26分15秒
返信・引用
  テント泊の夜景を撮ってくれた方がいましたので、
お願いして頂きました。
朝出発前ですね、綺麗です。
 

冬合宿 槍ヶ岳

 投稿者:石石石  投稿日:2019年12月30日(月)18時14分46秒
返信・引用
  冬合宿 槍ヶ岳 28日-30日 中崎尾根~槍ヶ岳
厳冬期、尾根でのテント泊 ナイフリッジ、アイゼンワーク、クライミング
てんこ盛りの合宿でした。
苦労して登った頂上は貸し切りで、最高のプレゼントをくれました。
1枚目中崎尾根が見える
2枚目狭い頂上が貸し切り
3枚目穂先を見ながらテント泊
 

2019登り納め

 投稿者:オッチー  投稿日:2019年12月27日(金)21時29分11秒
返信・引用
  12月27日(日)に、てら子さん、Reeさんと3人で毎年恒例の登り納めで陣馬形山に
行ってきました。
天気はイマイチでしたが雨にも降られず、ときどき晴れ間ものぞいていました。
避難小屋で鍋を囲む予定でしたが、「火器使用は絶対厳禁」の張り紙があり、
仕方なく外のテーブルで鍋パーティー。陽が陰ると寒く風も出てきましたが、
てら子さんの特製のおいしい豆乳豚鍋のおかげでしっかり体も温まりました。
他に物好きな登山者もおらず登り納めに相応しい静かな山行を楽しむことができました。

写真上:伊那谷を望む
写真中:集合写真
写真下:鍋を囲む
 

OB会

 投稿者:いとっしー  投稿日:2019年12月27日(金)21時13分29秒
返信・引用 編集済
  飯田山岳会OB会が開催されました。
創立メンバーを中心に18名が参加しました。
この時期は果樹や干し柿が忙しく参加者は少し少なかったですね。
皆さんいつまでもお元気で。
 

12月例会山行飯縄山

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年12月22日(日)19時51分6秒
返信・引用
  12月22日(日)に飯田山岳会12月例会山行として長野市の飯縄山に
登って来ました。
低気圧が南岸を通過するので天気が心配されましたが、午前中は
太陽も顔を出し、青空に後立山連峰も真っ白に見える良い天気でした。
飯縄山山頂からは富士山も見えて大展望を楽しむ事が出来ました。
下りは戸隠スキー場のゲレンデを下り、僅かに積もった雪の上を
快適に歩く事が出来ました。
北信の山を楽しむ事が出来ました。


写真上:飯縄山一の鳥居コースと中社コース分岐から後立山連峰
写真中:飯縄山山頂にて
写真下:瑪瑙山から戸隠スキー場ゲレンデを下る
 

伊那支部雪上訓練八ヶ岳

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年12月16日(月)17時23分50秒
返信・引用
  12月14、15日(土、日)に伊那支部雪上訓練として八ヶ岳に
登って来ました。
飯田山岳会から全11名(土、日それぞれ日帰り含む)駒峰山岳会から4名、
伊那山の会から3名が参加して硫黄岳に登り、翌日は赤岳に登って
雪上訓練を行う事が出来ました。
硫黄岳山頂は強い風が吹いていましたが、それに耐える事も冬山訓練の
一つでした。
しかし、今年の八ヶ岳は雪が全く無く、秋山の様な風景でした。
山頂からの展望も周囲の山には雪が無く、遠く上越国境の谷川岳付近
だけが白く見えていました。霧ヶ峰、美ヶ原は茶色で車山スキー場の
ゲレンデだけが白い筋を見せていました。

雪が無くてもアイゼン訓練をしようと、ジョウゴ沢に入りF1(最初の滝)
に行くと沢は氷着き、滝も氷瀑となっていてアイスクライミングをする
クライマーもいて私達も氷の上でのアイゼン訓練を行う事が出来ました。
F1は初級コースなのでビレイが無くても右端から上まで登る事が出来るので
何人かはアイゼンとアイスバイルで滝の上まで登りました。

飯田山岳会は赤岳鉱泉でテント泊しました。ジャンボに4人で快適な
テント生活を送る事が出来ました。女子テントは二人だけでした。

15日は風も収まってとても良い天気でした。各会はそれぞれの行動と
なり、飯田は赤岳登頂組と初級講習会組に分かれました。日曜日の日帰り
参加者も無事に行者小屋で合流する事が出来てそれぞれのコースで
八ヶ岳雪上訓練を行う事が出来ました。

写真上:硫黄岳直下を登る
写真中:硫黄岳山頂にて
写真下:ジョウゴ沢F1でアイス体験
 

絶好の女子会

 投稿者:てら子  投稿日:2019年12月11日(水)08時31分28秒
返信・引用
  風もそよそよ吹く位で暖かく山頂で長~い時間を過ごし来年の妄想とお腹をいっぱい膨らまして満足山行となりました。
写真:上 神坂山からの富士見台高原
写真:中 何度来ても大~い好き
写真:下 ふり返りふり返り名残惜しいです。
 

神坂山経由 富士見台高原へ

 投稿者:Ree  投稿日:2019年12月10日(火)20時05分12秒
返信・引用
  雨予報から晴れマークとなったのでテラコさんと二人で富士見台高原へ行ってきました。
私たちの他に2組しか会わず、とっても静かな一日でした。
時間もあるので神坂山へ登って富士見台へ向かいます。山頂でのんびりランチとテラコさんが持ってきてくれたケーキセットで至福の時間を味わい昼神温泉のあつーーいお湯で暖まってきました。
あぁーなんていいお休みだ(´Д`)

写真上 山頂貸し切り状態
写真中 ウフフな時間
写真下 12月とは思えない暖かさ
 

赤城山南側斜面写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年12月 2日(月)15時54分46秒
返信・引用
  大猿川周回尾根の写真です。

写真上:横引きの尾根から前橋方面、その上に富士山
写真中:富士山アップ
写真下:薄く残る雪の笹原の稜線
 

赤城山南側斜面の大猿川周回尾根

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年12月 2日(月)15時53分9秒
返信・引用
  11月30日、12月01日(土、日)に群馬県前橋市の赤城山の南側斜面の
大猿川周回尾根を歩いて来ました。
11月30日は粕川渓谷の滝沢不動尊を見てその上流にある不動大滝に
行き、そのすぐ下にある国定忠治のかくれ岩屋を見ました。
滝沢温泉、滝沢館に一泊して翌日に「おおさる山乃家」から大猿川周回尾根
を一周して来ました。
途中の稜線からは八ヶ岳、富士山が見え、前橋、桐生方面も見えました。
赤城山の外輪山から粕川として流れ落ちる場所を「銚子の伽藍」と言い、
小沼の水が外輪山の壁を削った狭い隙間から落ちています。
前日に降った雪が薄く残る笹の稜線は気持ちよく、春先にはツツジの大群落
を楽しむ事が出来る稜線でした。

写真上:不動大滝
写真中:八ヶ岳
写真下:銚子の伽藍
 

将棊頭山からの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年12月 2日(月)12時04分46秒
返信・引用
  石石石さんの将棊頭山からの展望写真に山名を付けて見ました。

写真上:御嶽山、乗鞍岳方面
写真下:南アルプス方面
 

将棋頭雪歩行訓練

 投稿者:石石石  投稿日:2019年12月 1日(日)21時02分12秒
返信・引用
  11月30日M先生と将棋頭に雪歩きの訓練に行ってきました。
1700m上辺りから雪がちらほら行者岩の分岐からアイゼン装着し、頂上直下では凍結も有りました。
頂上では風は強くなかったですが冷たく、バラクラバを上げたまま休憩し行者岩の分岐まで降り休憩。
下りは信大演習コースをとりましたが、こちらが核心で川渡、崩落があり要注意です。
行き会った登山者は岐阜の若者が1名、毎週登っている地元の登山者が1名の静かな山行でした。
※注意 信大コース分岐より上で熊鈴の音が聞える区間あり 振り返っても人がいない

写真1:頂上より西駒方面 (結構登っていたみたい)
写真2:御岳・乗鞍・北 (解りきった方角 白山がちらっと見えた)
写真3:南 (冨士の頭が見えた)

※八ヶ岳もばっちりでした
 

南木曽岳からの展望

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年11月25日(月)21時14分5秒
返信・引用
  青婦部Aチームぷらす、てら子さんが登った南木曽岳からの中央アルプスの
展望写真に山名を付けて見ました。

写真上:南木曽岳から中央アルプス方面
写真中:99年に登った時の悪沢岳、荒川岳、赤石岳、聖岳
写真下:南木曽岳の摩利支天
 

九州・英彦山(ひこさん)に登ってきました。

 投稿者:オッチー  投稿日:2019年11月23日(土)11時45分31秒
返信・引用 編集済
  11月18日から21日まで九州・福岡に旅行し、筑豊にある英彦山(ひこさん)に登ってきました。英彦山は、福岡県と大分県にまたがる標高1,199mの山で、耶馬日田英彦山国定公園の一部で、日本百景・日本二百名山の一つ。羽黒山(山形県)・熊野大峰山(奈良県)とともに「日本三大修験山」に数えられ、山伏の坊舎跡など往時をしのぶ史跡が残っています。紅葉やロッククライミングの名所でもあります。
写真上:英彦山神社奉幣殿
写真下:中岳山頂(上宮)

http://

 

青婦部Aチームぷらす

 投稿者:てら子  投稿日:2019年11月18日(月)22時25分28秒
返信・引用
  17日蘭登山口から南木曽岳へ行ってきました。登山道はよく整備されていましたが急登でこの時期にしては沢山の汗をかきました。南木曽岳山頂は眺めが悪いので少し先の見晴らしの良い避難小屋まで行くと360度絶景スポットがあり飽きるまで拝むことが出来ました。風が強かったため避難小屋を使わせていただき快適に昼食を済ませることが出来ました。
写真:上 南木曽岳山頂
写真:中 快適な避難小屋
写真:下 4人でお腹いっぱいになりました。
 

レンタル掲示板
/31