teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


青婦部Aチームぷらす

 投稿者:てら子  投稿日:2019年11月18日(月)22時25分28秒
返信・引用
  17日蘭登山口から南木曽岳へ行ってきました。登山道はよく整備されていましたが急登でこの時期にしては沢山の汗をかきました。南木曽岳山頂は眺めが悪いので少し先の見晴らしの良い避難小屋まで行くと360度絶景スポットがあり飽きるまで拝むことが出来ました。風が強かったため避難小屋を使わせていただき快適に昼食を済ませることが出来ました。
写真:上 南木曽岳山頂
写真:中 快適な避難小屋
写真:下 4人でお腹いっぱいになりました。
 
 

大岩山写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年11月10日(日)11時59分57秒
返信・引用
  大岩山の写真追加です

写真上:大岩山山頂
写真中:大岩山への笹の稜線
写真下:稜線から富士山、鳳凰山
 

11月例会山行日向山大岩山

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年11月10日(日)11時58分7秒
返信・引用
  11月09日(土)に11月例会山行で山梨県北杜市の日向山と大岩山に
登って来ました。
甲斐駒ケ岳登山口の尾白川渓谷駐車場に集まって矢立石登山口まで
車で行き、歩き出します。地元や東京からの皆さんもやって来る
人気の日向山ですが、そこから奥は登山者も少ない山域ですが、
しっかりした登山道があり大岩山まで登る事が出来ました。
日向山山頂は雁ヶ原と呼ばれる花崗岩の風化した砂に覆われた山頂で
八ヶ岳方面の展望が素晴らしい場所です。東駒ヶ岳も良く見えました。
稜線からは鳳凰岳、富士山も良く見えていました。

写真上:日向山山頂から八ヶ岳方面
写真中:日向山山頂から東駒ヶ岳方面
写真下:雁ヶ原から鞍掛山、大岩山方面
 

戸倉山写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年10月27日(日)19時54分11秒
返信・引用
  戸倉山の写真追加です

写真上:宝剣岳と千畳敷
写真中:八合目四阿で交流会
写真下:交流会で芋煮を頂く
 

伊那支部秋山交流会戸倉山

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年10月27日(日)19時52分6秒
返信・引用
  10月27日(日)に伊那支部秋山交流会として駒ヶ根市の戸倉山に
登って来ました。
飯田山岳会から5名、駒峰山岳会から4名、伊那山の会から3名が
参加して戸倉山に登り、八合目の四阿(アズマヤ)で芋煮会で
親睦を深める事が出来ました。
戸倉山東峰からは仙丈ケ岳、北岳が見え、八ヶ岳も見えていました。
西峰に戻ると地元の駒ヶ根市中沢の皆さんが集まっていて閉山際を
行っていましたので私達も合流してお神酒を頂きました。
出発する頃は曇っていましたが山頂に着いた10時頃には晴れて来て
山頂からは南アルプス、中央アルプスも良く見えていました。

写真上:戸倉山東峰の十蔵薬師坐像。十蔵をトクラと読み、戸倉山と呼ばれる様になった
写真中:戸倉山東峰から東駒ヶ岳、仙丈ケ岳、北岳
写真下:戸倉山西峰から中央アルプス
 

御嶽山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年10月 9日(水)22時42分1秒
返信・引用 編集済
  10月09日(水)にお達者クラブAチームの四人で御嶽山に登って来ました。
快晴に恵まれ、山頂からは素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
朝、御岳ロープウェイに乗ろうと山麓駅に行くと、今日は風が強いので
まだ運行するか解らないと言われました。そこで6合目まで車で上がり
そこから歩き出しました。
平日でも大勢の登山者で賑わっていました。

写真上:御嶽山山頂から二の池、乗鞍岳、北アルプス方面
写真中:御嶽山山頂から工事中の王滝村の頂上小屋、八ヶ岳、中央アルプス、南アルプス、富士山
写真下:御嶽山山頂にて
 

新人合宿仙丈ヶ岳アサヨ峰山行写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年10月 7日(月)11時10分3秒
返信・引用
  アサヨ峰からの展望です。

写真上:紅葉に染まった尾根をアサヨ峰に向う
写真中:アサヨ峰山頂にて
写真下:仙水峠への下りから東駒ヶ岳
 

新人合宿仙丈ヶ岳アサヨ峰山行

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年10月 7日(月)11時07分59秒
返信・引用
  10月5~6日(土、日)に新人合宿として長衛小屋キャンプ場でテント泊し、
仙丈ヶ岳、アサヨ峰に登って来ました。
三石さんリーダーで総勢13名参加と言う賑わいでした。
キャンプ場でテント泊し、同じ鍋のご飯を食べて親睦を深め、仙丈ヶ岳、
アサヨ峰に登って山岳会らしい登山を楽しむ事が出来ました。
随所で登山技術の指導も行われ、快晴に恵まれ、素晴らしい展望を楽しむ
事が出来ました。

写真上:小仙丈ヶ岳から東駒ヶ岳
写真中:小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳
写真下:仙丈ヶ岳から伊那谷
 

千畳敷・濃ヶ池の紅葉

 投稿者:ナオ  投稿日:2019年 9月30日(月)20時27分48秒
返信・引用
  木曽駒ヶ岳まで濃ヶ池経由でトレランのトレーニングに行ってきました。
紅葉を期待していたのですが、今年はナナカマドの赤色が少なく、黄色の紅葉?でした。
今回は走る距離が短かったので、次はもう少し長い距離に挑戦しますw

上 千畳敷の紅葉の様子
中 濃ヶ池付近の紅葉の様子
下 黄色い登山道を快適に走りました♪
 

摺古木山展望台からの山名について

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月26日(木)11時06分1秒
返信・引用
  ご期待に応えて摺古木山展望台からの山名を記入しました。
2001年11月に撮った同じ場所からの写真ですが木曽側の
崩落も沢山見えます。

写真上:摺古木山からの中央アルプス山名付
写真下:2001年11月の合成写真
 

笹三昧

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 9月26日(木)00時30分39秒
返信・引用 編集済
  9月25日オッチーと摺古木展望台経由で安平路山へ行ってきました。むか~し行った時には笹の生い茂っていた記憶がないのですが、登山口からほぼ9割は膝丈から背丈まで伸びた笹道でした。朝露の洗礼を全身に浴びながら楽しむことが出来ました。
写真:上 外観の傷みは激しいですが内部は綺麗な安平路避難小屋
写真:中 オッチーを探して~。
写真:下 中央アルプス一番左端の山を二人で見当したけど解りませんでした。木曽側からの景色は大きく崩壊した箇所が沢山見受けられ荒々しくも見えました。
 

北穂高岳の写真追加2

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月21日(土)11時04分48秒
返信・引用
  黒部の山賊周辺の山に山名を付けました

写真上:北穂高小屋から奥黒部の山々に山名を付けました
写真中:大キレット
写真下:前穂高岳、吊り尾根、奥穂高岳
 

北穂高岳の写真追加

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月21日(土)10時19分41秒
返信・引用 編集済
  北穂高岳の写真追加です。

写真上:北穂高小屋のテラスから槍ヶ岳
写真中:黒部の山賊周辺と大キレット、槍ヶ岳
写真下:北穂高岳小屋から朝の富士山と南アルプス
 

北穂高岳に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月21日(土)10時17分45秒
返信・引用 編集済
  9月18~20日(水~金)に北穂高岳に登って来ました。
快晴に恵まれ、素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
北穂高小屋のテラスから大キレット越しに眺める
槍ヶ岳をやっと見る事が出来ました。
今まで何度か大キレットを歩き、北穂高小屋のテラス
から眺めたのですが、いつもガスで見る事が出来ませんでした。
今回、ようやく快晴の槍ヶ岳を見る事が出来ました。
まだ涸沢の紅葉も始まる前で登山者も多くは無く、快適な
山行を楽しむ事が出来ました。


写真上:ナナカマドの赤い実と北穂高岳(右側の低い峰が北穂高岳山頂)
写真中:涸沢ヒュッテから涸沢
写真下:北穂高岳山頂
 

北海道・羅臼岳&斜里岳

 投稿者:mayumin  投稿日:2019年 9月19日(木)14時34分28秒
返信・引用
  9月6~8日の富山でのクライミングセルフレスキューの講習会後、そのまま日本海沿いに車を走らせフェリーで11日に小樽に上陸。13日と14日で知床・羅臼岳~サシルイ岳~オッカバケ岳の縦走に行ってきました。縦走路から見る国後島、羅臼岳の眼下にオホーツク海、知床岬に広がるフロンティアを体感してきました。

今回で5回目の羅臼岳だけど、また来年も登りたい。そして、いつか知床岳も登りたい。

15日は、初・斜里岳に登ってきました。登りの旧道の沢登りを楽しみました。

写真上:縦走路の三峰肩から見る羅臼岳。右下 ウトロ側オホーツク海。左下 根室海峡
写真中:今年の熊情報 
 

黒部の山賊

 投稿者:ナオ  投稿日:2019年 9月17日(火)23時12分52秒
返信・引用
  9月15日から17日まで2泊3日で伊藤正一氏の著「黒部の山賊」の舞台を歩いてきました。
初日は新穂高の駐車場が満車で鍋平へ駐車で小一時間ほどロスしましたが快晴の中、三俣蓮華岳を経て三俣山荘のテン場まで。
2日めはガスで展望はありませんでしたが鷲羽岳~水晶岳(黒岳)そして黒部川水源地標~三俣蓮華岳~双六岳を回ってきました。
3日めはゆっくり下山しました。
鏡平山荘では行きも帰りも「かき氷」を食べました。
良い出会いやビックリするような話、ガッカリすることもありましたが久しぶりに、のんびり山行を楽しめました。
次回こちら方面は人気の雲ノ平か黒部五郎か笠ヶ岳か湯俣かそれとも赤牛か・・・悩むなぁ

写真 上 三俣蓮華岳の3つの三角点
写真 中 展望のない鷲羽岳 鷲羽池も見えませんでした
写真 下 双六岳で出会った雷鳥 砂浴びしてました
 

秋らしい景色

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 9月16日(月)23時04分21秒
返信・引用 編集済
  またまたまた南アルプスの中心部へ行ってきました。山の上はまだ過ごしやすい暖かさでしたが、小屋周りのナナカマドの実は真っ赤に色付いて一足早く秋の訪れを感じてきました。
写真上:夕食の時間になるとサーと流れ込んでくる雲海と夕日に照らされる白根三山と仙塩尾根
写真中:三連休は天気にも恵まれ多くの人が汗びっしょり流し山頂を目指す人で大賑わいでした。
写真下:若さ弾ける九月の助っ人ゆうさんとこの連休に朝仙丈ケ岳を出発してなっ何とお茶前に到着!健脚のとも君。てら子と2時間差で下山したはずが登山口着は一緒でした。
 

台風一過の烏帽子岳

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 9月 9日(月)19時08分17秒
返信・引用 編集済
  台風15号の直撃で計画した山行を中止決定しましたが、天気の回復も早くモヤっとした気分を晴らしに急きょ体力作りにReeさんと出掛けました。。
写真上:新しく小八郎岳までの間に設置されていました。進化は行ってのお楽しみ。
写真中:ひょいひょいと上りは岩登りコースです。
写真下:下山途中で6と7合目付近の登山道整備にご苦労されている方たちに出会いました。大変な作業ですが10月末には完了の案内版がありました。
 

将棊頭山、西駒ヶ岳の写真

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月 8日(日)19時14分18秒
返信・引用 編集済
  将棊頭山からの展望です。

西駒山荘の小屋番さんと話をすると、9月8日には麓から荷物(薪の束)を
背負い上げる「西駒んぼっか」レースが行われると言っていました。

大正二年八月二十六日に起きた中箕輪尋常高等小学校の遭難事故を記念する
遭難記念碑、聖職の碑にもお参りしてきました。

写真上:将棊頭山から西駒山荘、奥秩父、南アルプス、富士山
写真中:聖職の碑
写真下:将棊頭山から御嶽山、乗鞍岳
 

9月例会山行で将棊頭山西駒ヶ岳縦走しました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月 8日(日)18時53分0秒
返信・引用 編集済
  9月7日(土)に9月例会山行に筧さんリーダーで桂小場から
将棊頭山、西駒ヶ岳を縦走してきました。
快晴に恵まれ、素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
千畳敷ホテル前で伊藤さん達と出会う事も出来ました。

写真上:将棊頭山の西駒山荘手前から笠ヶ岳から槍穂高、白馬岳
写真中:将棊頭山から左端に空木岳、伊那前岳、宝剣岳、西駒ヶ岳
写真下:馬の背から茶臼山、行者岩、将棊頭山、馬の背の稜線
 

硫黄岳・横岳周回

 投稿者:Ree  投稿日:2019年 9月 2日(月)23時44分58秒
返信・引用
  1日(日)に、テラコさんナオさんと硫黄岳・横岳を周回してきました。
直前まで天気予報とニラメッコで中止にしようか迷いましたが、とりあえず行けるところまで~と行ってみて正解!
ガッスガスの中を歩く気満々でいましたが、意外と眺望が良く曇り空ではありましたがいい景色を見ながらの楽しい山歩きができました。
山ガール山ボーイがたくさんいました。
やっぱり八ヶ岳は都会です。

写真上 硫黄岳手前。晴れた~!
写真中 本当は赤岳まで行きたかったけど地蔵に呼ばれたので地蔵尾根を下る
写真下 ゆるキャラカモシー「山なめんなよ」
 

志賀高原の笠ヶ岳に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 9月 2日(月)11時05分45秒
返信・引用
  8月31日、9月1日(土、日)に東京の仲間10人で志賀高原の笠ヶ岳に登りました。
南志賀の山田牧場の山田牧場キャンプ場でテント泊し、翌日にそこから歩いて
笠ヶ岳まで登りました。
笠ヶ岳の真下までは県道66号線が通っていて殆どの人達は車でそこまで来て
30分程で山頂に登っていますが、それでは登山にならないので山田牧場から
2時間歩いて登りました。
山田牧場スキー場のゲレンデの脇を登ります。その名前の通り、夏は牛が
放牧されていますので登山者、ハイカーは牧場内はなるべく歩かずにその脇を
登ります。
事前の天気予報は二転三転しましたがまずまずの天気となり、高曇りで雨は
降らず、展望も良く、槍穂高も良く見え、御嶽山、中央アルプスまで見えて
いました。
山田牧場キャンプ場はオートキャンプ場となっていてテントのすぐ傍まで車で
入る事ができて快適なテント場でした。
山田牧場手前の松川渓谷には滝の裏側から見る事ができる裏見の滝(雷滝)が
あり、それも見物しました。

写真上:裏見の滝(雷滝)
写真中:峠の茶屋から笠ヶ岳
写真下:笠ヶ岳から槍、穂高連峰
 

瑞牆山の大やすり岩

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 8月26日(月)10時50分15秒
返信・引用
  瑞牆山の大やすり岩を登っていました

写真上:二人でクライミング
写真中:大やすり岩に取り付く
写真下:クライミング終了点
 

瑞牆山例会山行

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 8月26日(月)10時48分0秒
返信・引用
  8月25日(日)に8月例会山行として瑞牆山に登りました。

快晴に恵まれて山頂からは素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
富士山は残念ながら雲に隠されて頭が少し見えただけでしたが。
瑞牆山荘からではなく、瑞牆山自然公園から不動滝コースを登り、
富士見平小屋下山、周回コースを歩きました。
不動滝コース(黒森コース)はあまり歩く人も多くありませんが
不動沢に沿って歩く気持ち良いコースで、樹林帯の中で日陰で
暑く無くて良いコースでした。
山頂に登ると大勢の登山者で溢れていました。
目の前の大やすり岩を見ると二人のクライマーがいてクライミング
していて、頂上まで登る事ができました。
富士見平小屋へと下ると黒森コースとは違い、大勢の登山者が
登って来ました。コースは岩だらけで黒森コースの方が歩きやすい
コースでした。
周囲にはシャクナゲの木が多く、5月頃にもう一度シャクナゲの咲く
瑞牆山を見に来ようと思うのでした。

写真上:弘法岩と八ヶ岳
写真中:大やすり岩
写真下:金峰山
 

鹿島槍ヶ岳からの展望写真

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 8月 9日(金)22時58分0秒
返信・引用
  鹿島槍ヶ岳からの展望です。

写真上:剱岳に山名を付けました
写真中:八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス
写真下:富士山
 

鹿島槍ヶ岳に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 8月 9日(金)11時38分33秒
返信・引用
  8月7、8日(水、木)に鹿島槍ヶ岳に登りました。
扇沢出合から柏原新道、種池、爺ヶ岳を通って冷池山荘で宿泊。
朝のうちは晴れていましたが爺ヶ岳付近から曇りになり小屋に
ついて間もなく雷雨となりましたが小屋に早目に着いていたので
被害はありませんでした。
8日に冷池山荘から鹿島槍ヶ岳に登りその日のうちに扇沢出合まで
下山しました。
快晴に恵まれ山頂から素晴らしい展望を楽しむ事が出来ました。
朝のうちに浅間山からの噴煙を見る事が出来ました。夜の間に
浅間山が噴火したと下山してから知りました。その噴煙でした。
八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプスも良く見えていました。

写真上:立山と剱岳
写真中:爺ヶ岳、穂高連峰方面
写真下:五龍岳、白馬岳方面
 

胸躍るダイナミックな縦走

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 8月 7日(水)16時47分36秒
返信・引用 編集済
  8/4~6 オッチーと石石石の3人で念願の白峰三山に行ってきました。 スタートにちょこっとつまずきがありましたが無事3日間安定した空の下で次々に広がるクリアーな大パノラマを満喫してきました。
写真:上 北岳肩ノ小屋からの日の出
写真:中 北岳から下り続いて行く中白根山と間ノ岳
写真:下 農鳥小屋のお父さんより適切な注意喚起を頂き迫力満点ないでたちで首には本当に双眼鏡がぶら下がっていました。屋根下の日陰とトイレを快く使わせていただき息を整えてから岩と急登の西農鳥岳を超えることが出来ました。
 

阿弥陀岳

 投稿者:ナオ  投稿日:2019年 8月 6日(火)22時09分46秒
返信・引用
  8月6日に御小屋尾根ルートで阿弥陀岳に行ってきました。
快適な樹林帯の歩きを楽しみその後は八ヶ岳らしい登山道を楽しむことができました。
冬の間は八ヶ岳にず~っと嫌われていた私ですが、今日は八ヶ岳も機嫌が良くて素晴らしい景色を見せてくれました。

今回の目的の一つである阿弥陀岳の南陵、中央陵の確認も行うことができました。(写真)

 

大日三山&立山縦走

 投稿者:mayumin  投稿日:2019年 7月31日(水)09時33分9秒
返信・引用
  7月23日に称名滝駐車場に前泊し、24日~26日で大日三山&立山縦走に行ってきました。
初日24日、ガスって見えない剣岳を心に目指して大日岳~中大日岳~奥大日岳を縦走、雷鳥ヒュッテテント場にイン。
翌日25日、一ノ越から、雄山~大汝山~富士の折立~真砂岳~別山を縦走し、初・雄山では、頂上神社に登拝して、厳かな気持ちで剱岳を眺めました。
最終日26日は、雷鳥ヒュッテテント場発、対岸に大日三山を眺めながら、弥陀ヶ原~八郎坂で称名滝に戻りました。

写真は、富士の折立からの剱岳です。
伊久間さん、カニのはさみの下、カニのたてばいにつながる平蔵谷の雪渓の様子です。、
 

雲ノ平へ行きました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 7月30日(火)00時09分59秒
返信・引用
  7月25~29日(木~月)に雲ノ平に行って来ました。
25日は富山駅前で前泊し、26日に富山駅前から夏山バスで
折立まで行き、登山開始。
太郎平小屋を経て薬師沢小屋で一泊。
27日に薬師沢小屋から雲ノ平に上がりました。
雲ノ平山荘で一泊する予定を変更し、三俣山荘まで行き一泊。
雲ノ平までは良い天気でしたが三俣山荘へ向かう途中から雨と
なりました。雨の黒部源流を歩きました。
28日も雨の中を歩きました。朝から強い風と雨でしたので
三俣蓮華岳、双六岳に登る予定でしたが変更して巻道を通りました。
鏡平小屋へ泊まる予定でしたが前日に三俣山荘まで進んでいたので
ここも変更してわさび平小屋まで下って泊まりました。
29日も雨でしたがそれ程でも無く新穂高ロープウェイ駅に着く事が
出来ました。
新穂高から松本バスターミナルまでバスで帰る事が出来ました。

どこから入っても一日では入る事が出来ない最期の秘境として
人気の雲ノ平を歩く事が出来ました。

写真上:アラスカ庭園と薬師岳
写真中:アルプス庭園から雲ノ平、雲ノ平山荘と水晶岳
写真下:祖父岳の登りから薬師岳、高天原(谷底)、赤牛岳
 

避暑へ!三ノ沢岳

 投稿者:Ree  投稿日:2019年 7月23日(火)20時47分33秒
返信・引用
  お天気がなんとか持ちそうだったので、ナオさん、テラコサン、Reeの三人で三ノ沢岳へ行ってきました。
上は涼しかった~下界に降りたら暑かった~
雨ばっかりの日々からやっと解放されて嬉しいです。
烏帽子、念丈岳周回以来のお山となった私(ヤバイ…)にはちょうどいいトレーニングとなりました(^^;)

写真上 朝の千畳敷から
写真中 ちゃんと行ってきたので証拠写真(笑)
写真下 三ノ沢岳はほとんどガスの中だったけどご褒美のお花畑を愛でてきました
 

十勝連峰縦走

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 7月12日(金)13時05分25秒
返信・引用 編集済
  7月07~11日(日~木)に北海道の十勝連峰を縦走して来ました。
当初は越智さん、北原さん、寺澤さん、伊久間の四人で行く予定
でしたが、北原さんは事情で行けず、越智さんも火傷を負ってしまい
北海道まで行きましたが登山は出来ずに周辺観光だけとなり、
登山したのは寺澤さん、伊久間だけでした。
原始ヶ原から歩きはじめて富良野岳、三峰山、上富良野岳、
上ホロカメットク山、十勝岳、美瑛岳、美瑛富士、オプタテシケ山と
予定通りに縦走する事が出来ました。
今の季節はお花畑が咲いていて見事でした。
また、詳しく報告致します。

写真上:十勝岳と美瑛岳の中間付近から十勝岳
写真中:美瑛岳から美瑛富士、オプタテシケ山、背後に大雪山旭岳からトムラウシ山
写真下:美瑛富士から美瑛岳、十勝岳、噴煙の後ろに富良野岳、前富良野岳
 

オコジョの手も借りたい

 投稿者:とよりん  投稿日:2019年 6月23日(日)09時24分5秒
返信・引用
  小屋開け準備に奮闘する中、スーパー女子のお力をお借りして体力気力食欲を思う存分出し尽くしていただき、大きな作業を終了する事が出来ました。心より御礼申し上げます。残すはオープン前に荷揚げのへりが飛んで欲しい・・・

写真上:早朝5時の塩見岳
写真中:トイレ棟
写真下:たっぷりの残雪
 

さんばばin南アルプス

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 6月22日(土)11時03分53秒
返信・引用 編集済
  18日~21日まで再び南アルプス中心部辺りに行ってきました。足元には冬の厳しい寒さと風に耐えた可憐なお花が疲れた体を癒してくれました。
写真上:準絶滅危惧の信濃小桜
写真中:シーズン前で静に鎮座する鉄兜様でした。
写真下:新人合宿で行く仙丈ケ岳へ続く仙塩尾根
 

蝶ヶ岳の雪形

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 6月19日(水)01時35分6秒
返信・引用 編集済
  6月18日(火)に長山協理事会に出席の為に安曇野市を通りました。
その時に蝶ヶ岳山頂に蝶の雪形が出ていましたので写真を撮って
来ました。
ここの雪形は黒く残る形ではなく、白く残った雪が蝶の形をしている
事で有名です。

写真上:安曇野市明科光付近から蝶ヶ岳
写真中:蝶ヶ岳付近
写真下:蝶ヶ岳山頂に白い蝶の雪形
 

四国遍路経過報告その3

 投稿者:オッチー  投稿日:2019年 6月11日(火)19時16分23秒
返信・引用
  6月11日35日目にお陰さまで無事結願しました。約1200キロの行程を完歩しました。この後1番札所に歩いて戻り徳島から和歌山に渡り高野山にお礼参りしてから帰ります。留守中、山行に参加できず申し訳ありませんでした。
写真上.79番天皇寺での参拝
写真中:88番大窪寺本堂前
写真下:完歩証明書
 

6月例会山行念丈岳周回

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 6月10日(月)12時17分32秒
返信・引用
  6月09日(日)に6月例会山行として、烏帽子ヶ岳、念丈岳、大島山、
本高森山周回コースを歩いて来ました。
雨模様の早朝を鳩打峠から歩き出し小八郎岳、烏帽子岳と登りました。
ここで引き返すか、先に進むかとリーダーの松山さんは悩みましたが
皆さんの登りたいと言う気迫に押されて先に進む事になりました。
雨も霧雨程度で雨具を着けて歩きます。
烏帽子ヶ岳直下で吉田山から真夜中を歩いて来たと言う中年の男の
登山者と会いました。少し話してお互いの健闘を祈って別れました。
念丈岳では名古屋から来たと言う熟年の単独の男の登山者に追いついて
殆ど同時に着きました。昨夜は池ノ平山にテント泊したと言う事でした。
鳩打峠に一台の車があり、その車の所有者でした。ここから引き返すと
言うので、良ければ一緒に周回しませんかと言い、一緒に周回する事に
なりました。通るピークでの集合写真のシャッターを押して貰う事が
出来ました。
途中も雨が降り続きましたが大したことも無く無事に本高森山登山口に
下山する事が出来ました。

写真上:烏帽子ヶ岳山頂にて
写真中:笹藪の登山道を歩く
写真下:念丈岳山頂にて
 

快晴の上高地

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 6月 8日(土)00時52分9秒
返信・引用
  梓川と青空に白い雪の残る穂高連峰は見事でした。

写真上:焼岳
写真中:穂高連峰
写真下:明神岳(真ん中)、前穂高岳(雪渓の右上)
 

上高地の二輪草群落

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 6月 8日(土)00時49分55秒
返信・引用
  6月06日(木)に上高地の二輪草群落を見て来ました。
上高地の明神から徳沢の間の登山道の脇に二輪草が大群落を
作っています。今がその時期で見事な二輪草の群落が広がって
いました。バスターミナルから徳沢まで行き、明神池を見て
戻って来ました。上高地は大勢のハイカーで溢れていました。

写真上:可憐な二輪草
写真中:二輪草はキンポウゲ科
写真下:徳沢園キャンプ場の二輪草の大群落
 

富山県の南保富士に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 6月 3日(月)20時14分51秒
返信・引用 編集済
  6月01、02日(土、日)に富山県下新川郡朝日町にある南保富士(なんぼふじ)と
言う727.0mの里山に登って来ました。あいの風とやま鉄道の泊駅から歩き出して
馬鬣山(ばりょうさん)248m、千蔵山(せんぞうやま)291.1mと言う裏山を歩いて
三峯(みつぼ)グリーンランドと言うキャンプ場でテント泊しました。
翌日にテントを張ったまま歩いて南保富士に登り、下りに七重滝(しっちゃだき)
を見学して戻りました。
山頂からは黒部川扇状地と富山湾、能登半島が良く見えました。
南側には剱岳、毛勝山、越中駒ヶ岳、僧ヶ岳が見え、白馬山から欅平に
下る尾根の旭岳、清水岳も頭が見えていました。
ヤマツツジ、ヤマボウシ、ネジキ、カキドオシ、などの花が咲いていました。

写真上:南保富士山頂から黒部川扇状地
写真中:南保富士山頂
写真下:南保富士山頂から剱岳、毛勝山付近
 

四国遍路経過報告その2

 投稿者:オッチー  投稿日:2019年 6月 1日(土)05時52分7秒
返信・引用
  6月に入りましたが、25日目道後温泉に泊まっています。今日2札所を廻りますので53番まで参拝したことになります。日数的にはあと三分の一になりましたが梅雨入りが心配です。焦らずしっかりと歩いて行きたいと思います。
写真上:40番札所
写真中:接待を受ける
写真下:道後温泉本館
 

南国九州へ

 投稿者:Ree  投稿日:2019年 5月30日(木)18時11分0秒
返信・引用
  21日から屋久島へ行く予定でしたが、豪雨による土砂災害のため今回の屋久島はお預けとなりました。
いまはもう登山口までの林道がすべて復旧したようで、良かったですね~
またいつか!屋久島へ!

さて、飛行機は鹿児島まで取っていたのでノープランで鹿児島→熊本→宮崎→鹿児島を楽しんできました。
山も海も川も街も温泉もごはんもお酒も、なんでもござれ。

南国気分を存分に楽しんできました♪

写真上 前日の嵐のおかげですっきり青空の桜島
写真中 九州最南端 開聞岳に登りました
写真下 最終日は宮崎日向の海辺でキャンプ&宴会!
 

またまた尾瀬へ(^^♪

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 5月28日(火)00時31分32秒
返信・引用
  贅沢にも今月至仏山に続き25日・26日に燧ケ岳へ行くことが出来ました。記録的な真夏日で尾瀬ケ原も暑くすっかり湿原の雪は無くなり水芭蕉散策に多くの家族連れや外国人観光客で賑わっていました。
写真上:やったー!生歩荷様拝めました。
写真中:燧ケ岳からの至仏山は大きくどっしりして貫禄がありました。
写真下:やはり手強かった燧ケ岳は同行者と天気に恵まれ無事楽しむことが出来ました。
 

大西山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 5月26日(日)20時40分39秒
返信・引用
  5月25日(土)に5月例会山行として大鹿村と豊丘村の境にある
大西山(1741.6m)にに登って来ました。
コースは松川町生田柄山からのコースを往復しました。
里山で簡単に登る事ができると思っていましたら中々難易度の
高い山でした。
訪れる人の少ない山で何の標識も無く、踏み跡も薄く、木に巻
かれた赤テープだけが人が通ったと解る目印でした。地形図と
GPSアプリが頼りとなりました。山頂間近まで間沢川を遡行する
沢登りコースでした。
一ヶ所、本流の滝を高巻く為に支沢に入る場所があり、ここを
高巻くと知らなければ入る事はできないでしょう。高巻も
断崖絶壁の軟弱な斜面をトラバースする道で大変な緊張を強い
られました。
大西山山頂は広い山頂で明るく、快適な山頂でした。残念ながら
樹林が茂り、東側に木々の隙間から赤石岳、荒川岳、悪沢岳が
見える程度でした。山頂で暫く休憩し、静かな山を堪能する事が
出来ました。

写真上:間沢川の河原を沢登で登る
写真中:大西山山頂
写真下:唐松峠から中央アルプス、宝剣岳、空木岳、南駒ヶ岳
 

四国遍路経過報告

 投稿者:オッチー  投稿日:2019年 5月25日(土)17時29分3秒
返信・引用
  5月8日に四国入りしてから18日になります。今日現在、高知最後の札所39番延光寺を参拝し、明日は愛媛に入ります。まだまだ先は長いですのでしっかりと歩いていきたいと思います。
写真上:1番札所
写真中:室戸岬
写真下:足摺岬
 

マッスルレディ

 投稿者:てら子  投稿日:2019年 5月20日(月)22時11分29秒
返信・引用
  5月18.19日南アルプス中心部あたりに行ってきました。絶好の晴れ日和でしたが駐車場には県外車両がわずか5台ほどでした。暖かく場所によっては踏み抜き地獄谷でスネにはあざの勲章をいくつも頂き8時間程で目的地にたどり着く事が出来ました。
写真上:豊ちゃんのコルを過ぎ4/10辺りから雪道となりました。
写真中:昨年よりはるかにたっぷりの積雪でした。
写真下:体はバキバキですが心は折れませんたくましい後姿です。
 

春合宿in槍ヶ岳とテントキーパー

 投稿者:toyorin  投稿日:2019年 5月 6日(月)21時10分52秒
返信・引用
  5月1日~3日、北アルプス槍ヶ岳に行ってきました。
1日目、不安定な天候の中、濡れた衣類を乾かす口実を作りながら食べ歩きの横尾まででした。横尾からは、案の定雪、雪、雪、めげずに歩き通し2日間お世話になりますババ平に到着。夜は恒例の宴で小さく盛り上がり、明日の天候回復に胸をときめかせながら目覚めたころ、何だろうか・・・この吐き気は・・・体調不良の朝を迎える事となり、結果泣く泣く私は槍ヶ岳を断念することとなりました。2日目の天気は風があったものの、真っ青な空がまぶしすぎます。登山者も槍穂を目指してゾクゾク登って来ます。リーダー、サブリーダー、松さん今頃は良い景色を拝んでいるのでしょう。テン場から先の事が想像になりますので次回の例会報告にて・・・
勿論、3日目も天気は最高でした。

上:行って来ます
中:テン場と大曲方面
下:行けなかった槍の穂先
 

至仏山に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 5月 6日(月)14時35分25秒
返信・引用
  5月04~05日(土~日)に尾瀬の至仏岳に登って来ました。
快晴に恵まれ尾瀬ヶ原、燧ケ岳、会津駒ヶ岳はじめ360°の展望を
楽しむ事が出来ました。
鳩待峠から下り山ノ鼻の至仏山荘に泊まりました。
電気、水は豊富に使えてお風呂もあり個室が多く快適な小屋でした。
ここで私は失敗してしまいました。山岳会の会員は全員加入している
日山協共済会山岳保険証を持っていれば至仏山荘は優待割引により
1,000.-引きで泊まる事が出来たのでした。他の皆さんは持参していた
ので\9,000.-のところ、\8,000.-で泊まる事が出来ました。それで
缶ビール2本飲む事が出来ました。
共済会会員証をはがすと裏に利用できる施設が書かれていますので
お見逃しなく、持参する事をお勧めいたします。

また、詳しく御報告致します。

写真上:至仏山山頂から尾瀬ヶ原、燧ケ岳、左に会津駒ヶ岳
写真中:至仏山山頂から谷川岳、巻機山方面
写真下:至仏山から残雪の稜線を快適に下る
 

旅報告

 投稿者:いとっしー  投稿日:2019年 5月 6日(月)10時43分29秒
返信・引用
  登山ではありませんが東北を旅してきました。
写真をアップしておきます。

上:鳥海山
中:ガスの中の岩木山
下:パンフレットの岩木山
 

福島県奥只見の村杉岳に登りました

 投稿者:伊久間  投稿日:2019年 4月30日(火)22時14分2秒
返信・引用
  4月27~30日(土~火)に福島県南会津郡只見町の村杉岳に
登って来ました。
新潟県の奥只見丸山スキー場から歩き出して只見川沿いの
ダム管理用道路を下り、上大鳥橋を渡りその先の白滝沢の
北側尾根を上がり、村杉岳まで登りました。
この付近は、奥只見ダムの奥只見湖、田子倉ダムの田子倉湖
に挟まれた場所にあり、「村杉半島」と呼ばれる山域です。
二日目に大川猿倉山まで行きテント泊し、翌日に半島の最北の
横山まで行く計画でしたが、三日目に大川猿倉山から少し先で
乗り越えられない大きなギャップがあり、そこで断念して戻りました。
その日は横山まで往復して同じ場所でテント泊の予定でしたが
一日予定を繰り上げて戻る事にしました。
4月30日に無事に下山する事が出来ました。

また、詳しく御報告致します。

写真上:1395m峰から村杉岳
写真中:村杉岳から大川猿倉山、猿倉山、浅草岳、飯豊連峰
写真下:大川猿倉山から守門岳、浅草岳、横山
 

レンタル掲示板
/30