teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:175/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

和声にこだわる

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年 1月26日(火)10時40分31秒
  通報
  22日の練習は「Pignus」の45ページから最後まで。
3パターン+Aの4つのフーガ形式を個々に抽出して、パート別に練習し、次に女声パート、男声パート別に重ね、最後に4パートで合わせるという手法でした。

この後、「Pignus」の全曲を通しました。
繰り返し繰り返し、ほぼ楽譜が離れる寸前まで辿り着き、前回の宿題だった「フーガのパターンに慣れる」という第1歩は、それなりに克服できたと思います。

後半は18ページの第3曲の「Verbum caro factum」。
その前に、白板に書かれた4声の変形カデンツで、主音から次の音を採るという練習がありました。
これは、「「Verbum caro~」のハーモニー形成を想定したものであることは言うまでもありません。
この日は、1・2・4小節の出だしのソプラノの音を起点に自分のパートの音を採るという練習でした。

12小節という時間的には短い曲ですが、ここでは取り分け「和声にこだわりたい」という念押しがありました。
次々に新しい試みが登場し、モーツァルト音楽の楽しさが広がっていきます。
今週の練習も、新しい発見があると思います。

なお、午後7時30分から臨時総会を開催し、都合により休団申し出のあった現会計監事の後任にバス・森さんを選任しました。
任期は来月の総会当日までです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:175/804 《前のページ | 次のページ》
/804