teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:120/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

松戸市合唱祭に向かって

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年 9月22日(水)12時31分54秒
  通報 編集済
  松戸市合唱祭が11月6~7日の両日、森のホールで開かれます。
当団は6日(土)に出演し、演奏時間は午後3時過ぎの予定です。
ということで、練習も、当面の目標を合唱祭に向けていきます。

17日は、発声に続き「リタニア」の「Hostia sancta」を久しぶりに練習。
この曲では、18小節辺りの「miserere」で象徴的に展開するように、音楽の流れが、∽字型(F1レースのコースみたい?!)の動きを感じて歌唱するように、そして途切れないように。

この∽型は、ソロ演奏ではよく見られる形ですが、合唱では珍しいパターンのようです。
これもモーツァルトのなせる技でしょうね。

早めの休憩の後は、合唱祭の演奏曲「旅」の3曲に取り組み。
「7.行こうふたたび」の出だし「かたろう かたろう~」は、雄弁にならず、遠くに語りかけるように。
発声練習を活かし、音の質を変えないこと、音楽が切れないように。

言葉の意味することは尊重しつつも、音楽的表現としては、個々の言葉の意味にとらわれ過ぎないように・・。
旅人を愛する気持ち(並行に見て)、同化してしまわないこと。

「5 かごにのって」はリズムをしっかり捉えること。
やわらかい響きと子音をはっきりさせることなど。

「1 旅立つ日」は1回通しただけでタイムアップ。

合唱祭まで、あと7回。
そこまでに「旅」3曲は本番の仕上げのつもりで練習していきます。
今年は、この1回のステージを大事にし、本番につなげて行きましょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:120/804 《前のページ | 次のページ》
/804