teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:106/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第九コンサート

 投稿者:朝倉  投稿日:2010年12月23日(木)11時27分1秒
  通報 編集済
  17日は熱気あふれる練習の後、恒例の「聖しこの夜」で歌い納め。

先生からは当合唱団には珍しい2週間の休暇に入ることを踏まえ、歌い心、音楽へのアプローチ、イメージトレーニングに始まり、カラヤン指導の「第九」経験や、作曲家への思いなど、すばらしい講和・逸話を聞きました。
新しい年に向かって身が引き締まる思いでした。

19日は市民コンサート「第九」。
プログロムの名簿を見たら、団員が19人、休・元団員が11人、何と30人もの団関係者が出演していました。

当団も、明年6月26日(日)午後2時、埼玉会館で開催される浦和フィルの創立25周年記念・第50回定期演奏会で「第九」客演を控えているため、参加が多く、第九デビューされた団員もあり、心強く、嬉しいことです。
この浦和第九では、経験者の臨時団員も募集しています。

「第九」は、もう数え切れないほど歌いましたが、聴くのは本当に久しぶりです。
座席は前から5列目のセンターという、第九ポジションとしては必ずしも環境がよくありませんでしたが、旧知のオケ団員の熱演ぶりをじっくり拝見できました。
コーラスは伸び伸びとスケールの広がりを見せ、少数の男声の健闘ぶりが目に付きました。

ソプラノの柏原奈穂さんは、お母様から伺っていましたが「第九」ソロは初めてとのことでした。
BCJとの共演でのヘンデル「ユダス・マカベウス」で、その歌唱力をいかんなく発揮された熱唱をはじめ、美緒さんとの姉妹コンサートなどで絶妙の息遣いをされる楽しいステージも聴かせていただいています。

この日も、持ち味の声をいかんなく発揮されて、スケールの大きな音楽を聴かせていただきました。

また、当団の第15回定演のチラシをプログラム挟み込みという形で1,700部配布させていただきました。

当団からも、出演者の応援サポーターが大勢客席を占めました。
満員のホール、市民コンサートすべての関係者の皆様に、ご盛会のお祝いを申し上げます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:106/804 《前のページ | 次のページ》
/804