teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:73/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

角田ベートーヴェン第九20周年記念公演『復興への祈り』

 投稿者:雅子様  投稿日:2011年12月10日(土)14時13分55秒
  通報 編集済
  去る12月4日(日) 宮城県仙南芸術文化センター『えずこホール』にて、角田第九を歌おう会の、
第20回記念公演、角田ベートーヴェン第九『復興への祈りコンサート』が開催されました。
指揮:佐藤寿一。管弦楽:仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団。
東日本大震災の影響もあり、開催を危ぶまれた今年でしたが、事務局スタッフの努力、そして、合唱王国でもある東北宮城へ、関東からも多くの合唱仲間が馳せ参じて応援。
鎮魂と奮起の思いを込めた渾身のコンサートとなりました。

佐藤寿一氏から共通の指揮指導を受けている、我が松戸混声から7名。6月に浦和フィル第九で共にステージにのった芙蓉グループから17名。東大和合唱団から7名。他にも多くの応援参加を得て、100名以上の大合唱団となりました。

第2ステージの第九開始時間は、奇しくも大震災の起きた同時刻の2時40分。
マエストロ、ソリスト、オケ、合唱団、御来場者・・・全員が起立し、鎮魂の鐘とともに黙祷させていただきました。

被災地から離れた私達は、言葉にはしても実際、物理的にぼ行動的にも何も支援できないのが現状であり、正直なところですが・・・
せめて合唱仲間としてできる事は!?・・・と自分に問うた時、
やはり、過去4回参加して来た角田第九。  今年こそ行くべきなのではないか?と
佐藤先生の再々のお誘いもあり、良き仲間が快諾してくださり、参加させて頂きました。

本番の日、強風吹き荒れる宮城県地方でしたが、東北本線もダイヤが乱れ、仙台宿泊の応援合唱団が、到着に遅れたり、その他色々アクシデントもありましたが、ホール客席もほぼ満席。
なにか不思議な連帯感と緊張感の中、過去に感じた事の無い身の引き締まるような思いで、
4楽章をむかえた感がありました。

演奏は・・・過去何度も第九は歌ってきましたが、今までのどんな上質な演奏会より増して、今回の演奏は意義を感じる、感動の素晴らしい演奏会でした。

数年後、角田市に(えずこホールは角田市の隣町の大河原市)新しく、音楽ホールが出来るようです。
その杮落としは、角田ベートーヴェン第九で!という計画もあるようです。
その頃、被災地の復興はさらに進んで欲しいと祈らざるをえません。
その時はきっと地元の合唱仲間も、また多く参加者が戻って来ると信じていますが、
「松混からも更なる、親愛なる参加者が増える事を期待します!」・・・と
佐藤寿一先生、会長、事務局スタッフの言葉がありました!

この演奏の旅日記、詳しくは団員専用ページに記載済みです。
もっと詳しく知りたい方は、お酒の席でないと話せません。     以上

 
 
》記事一覧表示

新着順:73/804 《前のページ | 次のページ》
/804