teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:384/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

20代デビュー

 投稿者:朝倉  投稿日:2008年 4月14日(月)12時25分21秒
  通報 編集済
  練習初めの発声練習は、基本練習ですから、毎回、殆ど同じような内容・方法で繰り返し行われます。
これを漫然と、ルーティンと捉えないで、常に、次の練習曲のための必須準備として理解して臨んでください。
頭声・中声・胸声、響き、口蓋・ノドの開閉、下腹部・足腰の支え・・常に意識して取り組んで、身体に自然に馴染ませてしまいましょう。

最初はシューベルトの残された諸課題をチェック。
「Kyrie」。
26小節からはレガート唱法であることを確認。音楽が横に流れるように展開したい。
「Christe」が繰り返されますが、何れも、最初の子音をハッキリと前に出しましょう。
37小節からのメリスマの部分は、追いかけるパートのfを意識して音量を調整すること。
48小節のハーモニーが不安定です。49小節の「~son」をきちんと歌いましょう。
77小節から終曲に向かう「kyrie eleison」の繰り返しは、子音と母音の区別をもっと明確にしたい。

「Gloria」。
80小節から続くp~f~p~fの表現をクリアにすると共に、各パートの役割をもっと意識して歌うこと。Bの音程が不安定。
100小節からも同様。ここではAとTがしっかり歌って欲しい。
147小節からの、Bがリードしていく長大なフーガでは、Bの最初の音は、特に明確にすること。
ここでは上昇音階、下降音階、並行音程と、様々な音楽が展開されていく部分。全パートとも音量も考えて歌うこと。
175小節からはテンポが少しアップし、ここからは、さらに長大な「アーメンコーラス」で終曲に向かいます。

「Credo」。
65小節からも、よく繰り返し練習しましたが、祈りの重要な部分。言葉をハッキリ、音量を一定に保つことなどの注意がありました。
Tの音程が不安定なので要注意。

次に「The Sound of Music」。
20小節からは朗々と歌唱。「Ah~」のA・T・Bのフェルマータは3拍分伸ばすこと。
48小節のフレージングをしっかり歌うこと。次の49小節のアウフタクトのpの音程が各パートとも不安定。
85小節、Tの下降音階の音程も不安。

「Sunrise Sunset」。
51小節の男声2声の「lu lu lu~」の上昇音階をしっかりと。特に、Tは休符がないので53小節の頭だしが遅れたり、あいまいにならないように。
60小節の付点2分音符は、Subitto piano気味に。
途中で時間切れでした。

待望の20代がソプラノに新入団されました。
また、テノールにも20代の若手が加わりました。
嬉しいニュースが続きます。
新戦力で、出席メンバーもほぼ整って、練習もステージも楽しみです。

私自身も新年度を迎え、また新しい仕事と、いくつか合唱連盟の新プロジェクトの仕事が加わり、忙しい4月が始まり、また続きます。
気分も新たに・・。
引き続き、よろしくご指導・ご協力をお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:384/804 《前のページ | 次のページ》
/804