teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:295/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ウインナーワルツ

 投稿者:朝倉  投稿日:2008年12月15日(月)12時57分34秒
  通報 編集済
  12日の発声練習もカノンとの組み合わせでスタート。
10月17日に、誕生月で4組に分けた構成メンバーの数が毎週毎週、異なるミステリー・・。
この日の我がパートは8人。
お隣は、その倍でしたが、強力助っ人を得て一安心。
歌い出しのパートも替わって、徐々にハーモニーの形が様になって行くのは楽しく、嬉しいことですが、もっとメンバーが固定するといいですね。

来週は、バッハ「マタイ受難曲」のNO.54のコラールの練習に入ります。
予習できる(時間的余裕のある)団員は、原語ではなく「a~」で音取りをして置いてください。

フォーレは「Ⅱ-OFFERTOIRE」の27ページ、練習記号「I」からの復習ですが、まだ各パートとも、これまでの注意点が改善されず、時間を費やしました。
具体的には、主メロディを演奏するパートの音量、和声を重視する小節、パート間の連携、子音のアクセントの処理など・・。

「Ⅵ-LIBERA ME」は53ページの「C」から。
バスの出だしはファルセットの感じで。
2分の2拍子~4分の6拍子~2分の2拍子と変化するリズム、pp~f~p~3連続するff~p~f~p~pp~p~mf~p~f~ff~(p)ppと激しく変動するダイナミックレンジ(その間の表現記号(cres,dim,sempre,sempre dolceなど、かなり繊細に)もしっかり歌唱できるようにすること。

55ページ下段の1~2小節は音楽が切れないこと、58ページの「G」では、ritしないでインテンポで。
57ページ下段のテノール、58ページ上段のバスの下降音型の音程をしっかりとること。
この曲も、フレーズを大きく創っていますので、指揮をしっかり見ましょう。

後半は「こうもり」の134ページからの復習と146ページ以降の練習。
この曲に関しては、ワルツのリズムに早く慣れ、乗ることに尽きます。
特にウインナーワルツの3拍子では、1,2,3のリズムの打点ポイントを強調しすぎないよう、流麗に。
◆ウインナーワルツの特徴は、3拍を均等の長さではなく、2拍目を早めにずらすことにあるそうです。

♪「合唱団ニュース」第240号を配布しました。
 年末年始のイベントを掲載してあります。
 ご家族・友人・知人をお誘い合わせのうえ、ご参加ください。
♪練習は、来週で「歌い納め」となります。
♪練習終了後、第7回幹事会を開催しました。
 検討内容の報告は、次回練習以降にさせていただきます。

「付記」
 7日、東京オペラシティでバッハ・コレギウム・ジャパン(BKJ)のヘンデル・オラトリオ「ユダス・マカベウス」にご招待いただきました。
 初めて聴く作品で(中学の頃に歌った、皆さんもよくご存知の、あの「勇者は還りぬ」が挿入されています)、3部構成・68曲、演奏時間が2時間30分の超大作で、「自由と平和と勇気」を讃歌したオラトリオの醍醐味を堪能し、感激しました。

 サントリー美術館では閉幕前日の「巨匠ピカソ・魂のポートレート展」に飛び込み。
 多作家の作品は数多く見てきましたが、取り分け多い自画像がメインの60数点は、彼の生き様を凝縮・表徴した作品群でした。
 六本木から麻布十番周辺のクリスマス・イルミネーションも見ごたえがありました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:295/804 《前のページ | 次のページ》
/804