teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:281/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

楽譜どおりに歌おう!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 2月 9日(月)12時01分36秒
  通報 編集済
  「当たり前のことを言うな!」「中身のないレポートなんか読む気もしない!」というお叱りの声が聞こえそうですが・・でも本当に、楽譜どおりに歌ってマスか?

「Ave Maria」「バッハ・Choral」、カデンツの定例発声練習に続き、フォーレの「Ⅵ-LIBERA ME」から。

「C」からのコーラス出だしの上昇音型、下降音型のハーモニーにおける歌唱法を再確認、特にバスの下降に向かうfをしっかり歌うこと。
ソプラノの高音が、時に薄くなってしまうとの注意、母音の変化で音色が変わらないよう、響きを大切にという、繰り返しの注意。

この曲はダイナミックレンジの幅が大きいので、表現記号をしっかり把握して歌いたい。
私見ですが、いつもpやppの表現が甘く、fやffが目立ち過ぎて、音楽が平板になっているように感じています。
まだ楽譜離れが出来ていませんので、それならばこそ、先ずは楽譜どおりに歌うことを徹底するように、との注意でしたね。

58ページ下段の「G」からは、直前のsempre dolceのままで、ritしないように。
また、この曲はバリトンのソロが入りますが、同じメロディーのユニゾンでは、ソロとは違う合唱らしい声で、特に言葉をはっきり歌うように、との注意がありました。

続いて、久しぶりの「Ⅶ-IN PARADISUM」。
永遠の世界に導く、限りなく美しいメロディーはソプラノの出番!
全体的に静寂なメロディーで、透明感のある声が求められています。
先週の期待通りになったでしょうか・・。

後半の「こうもり」は114ページから148ページの最後まで通しました。
やはり3拍子のリズムが課題ですが、結構、バラつきがありました。
特に男声パートに注意が集中しましたので、早くワルツに慣れましょう。

稲森安太己さん編曲の「メリーウイドゥ」の新譜が、今週にも配布されそうですが、13日は、この「こうもり」の総仕上げをしたいとのことでした。
昨年、大好評だった稲森作品、今年もとても楽しみですね。

この日もアルト、テノールに1人ずつ、お2人の新入団がありました。
出席率もよく、会場いっぱい、活気が溢れる練習が出来ました。
寒さも峠を越えつつあるようですが、花粉症の来襲シーズンになりました。
症状お持ちの方、十分注意ください。

そして、もう一度、「楽譜どおりに歌いましょう!」

「追記」
8日、「松戸市合唱講習会」の発声講座がありました。講師はおなじみの河合孝夫氏。午前10時から午後4時まで、150人近くが集まり、合唱団からも16人が参加。バス4人は、何と全員が当団員でした。日ごろ先生から注意されている課題に関しても、いろいろなアドバイス、サゼッションをいただきました。今週の練習に、その成果を発揮しましょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:281/804 《前のページ | 次のページ》
/804