teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:273/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フォーレからオペレッタへ・・

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 3月31日(火)12時22分6秒
  通報 編集済
  遅ればせながら、記憶の細い糸を手繰って27日のレポートを。
フォーレは「Ⅵ-LIBERA ME」と「Ⅶ-IN PARADISUM」の2曲。

「Ⅵ」の注意の概要は、以下の通り。
全体を通して、音楽の流れが途切れないように、パート内で息継ぎを工夫すること。
55ページ下段のffのsempreからの和音移動をしっかり揃えること。
57ページ下段のテノールの音程が曖昧なので、きっちり決めること。
58ページ冒頭のソプラノのf~pに向う音がフラット気味なので、しっかり支えること。
下段の「G」からは、ritしないようにインテンポで。
59ページ上段3~4小節の、アルトとバスの「クレッシェンド~mf~デクレッシェンド」の強弱をもっとクリアにすること。
60ページ2・3小節の「e il」の、1オクターブ飛ぶ音程で声質が変わらないようにすること。

「Ⅶ」での注意は、以下の通り。
66ページの男声4部のハーモニーをしっかり保つこと、特にバリトンの動きが重要。
67ページ下段のアルトの音も重要なので、キチンと繋げること。
69ページのソプラノ・パートソロの部分の声は、もっと明るく、若やいだ声で。
70ページ上段からのソプラノ音が微妙にフラット気味、音程というよりもピッチの問題か。

フォーレは、一通りの練習が終わりました。
この日をもって、定期的な練習をしばらく休みますが、練習状況でやる場合があるので、楽譜は常備して置いてください。
特にソプラノとテノールのソロが多いので、両パートは自習をして置いてください。
とにかく「覚えること」、この曲に慣れることを忘れないようにしてください。
今後の練習はオペレッタがメイン、当面は県合唱祭に向けての練習に重点が置かれます。

後半は「メリーウイドー」。
「C」66小節~89小節に渡る長いハミングでは、動きをもっとクリアにすること、特に内声パート。
「E」90小節の男声合唱、移調した冒頭の音が不安定なので、しっかり音を確認すること。
「G」からは、イメージをガラッと替えて表情豊かに、「H」130小節の4分音譜は延ばさないこと。
「I」からの女声合唱も同様。
「L」174小節からのアルトと男声パートは、もっと緊張感を持って歌唱すること。
「O」の201小節以降もハーモニーを感じながら、表情を付けて歌唱する。
「Q」の218小節からの女声パートと男声パートのハミングがズレないように・・、男声のテンポが急ぎ勝ち。
228小節のアルトの連続同音程のピッチが下がり気味なので要注意。
「S」のソプラノ・パートソロは聴かせどころ、しっかり歌って欲しい。
252~254小節の「h音」も、しっかり保つこと。

「追記」
休憩時間に、女性のセカンド・ユニフォームの紹介がありました。
遠くの、後ろからチラッと拝見したので、型式は分かりませんが、コバルトブルーが、ひときわ鮮やかでした。
とてもステージ照明に映えそうな、センスの良さが表れたカラーです。
希望者のみですので、ご理解ください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:273/804 《前のページ | 次のページ》
/804