teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:267/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コジ・ファン・トウッテ

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 5月 5日(火)13時51分25秒
  通報 編集済
  ワークショップ作業が一息ついたので、本番前の慌しさから逃れて、久しぶりのオペラ。
だって、私の大好きなオペラの1つ、モーツァルトの「コジ・ファン・トウッテ」とくれば、何が何でも外せない。

何しろ、このオペラ、上演機会が少ない。
それもそのはず、主役4人と2人の脇は、3時間もずっと歌い続ける歌手泣かせの超難曲。
それが今回、武蔵野音楽大学創立80周年記念ということで、ダブルキャストで、4日間で4公演という異例のプログラム。

初日(4月29日)のベートーヴェンホールは熱気に溢れていました。
このホールは初めてでしたが、歴史を感じさせるものの、よく響き、歌手の力量と相俟って、さすがでした。

このオペラの醍醐味は、ソロ(もちろん合唱も)もありますが、全31曲のうち16曲が2重唱・3重唱・4重唱・5重唱・6重唱という絶品のアンサンブルの妙が売り。
歌い手も、顔ぶれが揃わないと、この作品の持ち味を生かせない。

モーツァルト最晩年のオペラブッファですが、円熟味のある、彼の持ち味が如何なく発揮された音楽は、軽快なテンポで、ぐいぐい聴衆を引き込んでゆく。

「コジ・・」は、モーツァルトの数多あるオペラの中でも出色の作品です。
第1幕の後半で、さすがにテノールに疲れが見え、ヒヤヒヤしましたが、第2幕で見事に建て直し、6人全員の熱唱に圧倒されました。

このオペラだと、つい、いろいろ言いたいこと、書きたいことがいっぱいありますが、今日はモーツァルトの真髄を堪能でき、楽しくも嬉しい3時間30分のトワイライトタイムを共有できたので、この辺で・・。
 
 
》記事一覧表示

新着順:267/804 《前のページ | 次のページ》
/804