teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:257/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いい感じ

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月 2日(火)12時08分2秒
  通報 編集済
  29日は、カデンツで声質を揃える、倍音を感じながら、そこにハーモニーを乗せる、各パートの動きを捉える・・など、練習曲の音型パターンと類似のハーモニーで実際の演奏に活かしていくことを復習しました。

前半はフォーレの「Ⅵ-LIBERA ME」の53ページ、「記号C」から同曲の最後まで。
歌い出しの男声、特にテノールのppでの高音が安定せず、繰り返し練習。
54ページ上段2小節目の「discusso」のdiscとssioの子音の発音を明瞭にすること。
ダイナミック・レンジの幅を意識して、大きな音楽の流れを創りたい。
55ページ下段の1~2小節は、音楽が切れないこと、和音を揃えること。

57ページの「記号F」のpで、テンポが遅れないように。
58小節上段1小節目の「Et」はpでなくppに変更。
「記号G」はpで歌唱、ritはしないこと。
59ページ上段のバス、表現記号の動きをキチンと歌うこと。
下段の4声ユニゾンから「記号L」まで、言葉をハッキリ発音すること、休符以外で音楽が切れないように。

後半は「ヴィリアの歌」、復習を兼ねて全曲練習。
ソプラノの高音でピッチが甘い部分、bの音が決まらず、繰り返し練習。
不用意に歌ってしまうことが多いのですが、集中力の問題でしょう。
加えて、例えば「記号I」などの中声域では、荒くなってしまうので、冷静に歌うこと。

「記号P」のS・A・Tの16分音符は固くならず、急ぎ過ぎないこと。
「記号T」の男声の歌い出しの音をしっかり捉えて歌うこと。

合唱祭に備えて2度、暗譜で通しました。
最後に、全体合唱で歌うモーツァルト「アヴェヴェルム・コルプス」を練習しました。

とてもいい感じで仕上がっているように思いました。
繰り返しますが、一発勝負のステージです。
リラックスしつつ、集中力を高めるのが課題のようです。

「追記」
バスに、また新しい仲間が増えました。
高校以来ということですが、歌いたくてインターネットで探して入団されました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:257/804 《前のページ | 次のページ》
/804