teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:250/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

男声合唱デビューへ!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月16日(火)14時25分17秒
  通報 編集済
  12日の練習は、フォーレ「レクイエム」の「Ⅲ-SANCTUS」とウエーバーのオペラ「魔弾の射手」の男声合唱「狩人の合唱」。

ということで、アルトさんはお休みでした。
ちょっと寂しい・・。
でも、3人が駆けつけ、「SANCTUS」の最後の4小節のハーモニーを合唱していただきました。

「SANCTUS」では、(アルトを除く)混声3部、男声2部のユニゾンの練習でした。
歌い出しから10小節あまりを母音だけで歌って、発声ポイント、響き、ハーモニーを創る基本的な確認を繰り返し練習をしました。

ソプラノのピッチがちょっとフラット気味な部分、男声のユニゾンで地声が出てしまい、音色が揃わない部分、pp~ffの表情が平板なところを正しく歌うように、との注意がありました。

さて、「SANCTUS」が終わると、ソプラノさんもお帰りで、後半は男声20人のみとなりました。
もちろん、奈良ピアニストさんは紅1点で、最後までご協力いただきました。

「狩人の合唱」は初練習。
アップ・テンポに加え、古い用語訳なので、言葉付けに手こずりましたが、90分程の練習で何とか格好が付くようになりました。
男っぽく、勇壮な内容ですが、確か中学1~2年の音楽教科書にあって、メロディーは今でも諳んじている懐かしい曲です。

定演で、単独のステージとして男声合唱を演奏するのは初めてです。
同様に、女声合唱の演奏も初めてです。
大人数の合唱団だからこその、贅沢な、そして画期的なデビュー・ステージです。
歌う側はもちろんですが、聴いていただく方にも、楽しみが、また増えました。
そういうステージにしましょう。

「付記」
この1週間、「千葉県合唱祭」を挟んで、ある音楽サークルの独唱発表会(プロの「フィガロの結婚」ハイライト演奏付き)、音楽の広場、B稲垣俊也&S遠藤久美子夫妻のコンサート、JCDA合唱の祭典と歌い、聴きました。
年初から今日まで、プロ、アマ、オペラ、オーケストラ、ソロ、合唱・・など、ちょうど30回の演奏会。1日2回というのが減ったし(体力問題)、都心での演奏が半減(交通費が結構ねぇ~)、演奏日が重なる(お招きいただいたチケットは有効活用しています)などの要因から、2~3年前に比べると約3割減?・・。
ナマ演奏を1つでも多く聴くこと、かつ多彩な音楽に接して居る時が、幸せを感じるひとときでもあります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:250/804 《前のページ | 次のページ》
/804