teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:229/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「集中力」が問われている!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 8月25日(火)17時33分41秒
  通報 編集済
  21日の発声練習では、カデンツの音階進行で、往復の強弱表現、ハーモニー作りの基本形を繰り返しました。
毎回の練習ですが、復路の音程・表現がおろそかになってしまうことを注意されました。

フォーレは「Ⅲ-SANCTUS」「Ⅴ-AGNUS DEI」。
「Ⅲ」では、ソプラノは常に清澄感を持った声を意識すること、この曲は、各パートともに共通する半音階(上昇・下降とも)で進行する音程をきちんと決めること、の注意がありました。
ここでは、特にソプラノのピッチの甘さが指摘されました。
32ページ下段の「Deus~」では、テノールのテンポが遅れがちになる、との注意もありました。

記号「B」以降では、ソプラノ・ソロでは子供(若い)の声を意識した発声、一方、男声2パートのユニゾンでは、ソプラノと対比した大人の声と、その声質を合わせるように、などの注意がありました。

「Ⅴ」では、歌い出しの緊張感を保って、音楽が横に流れるように歌唱すること、言葉の単語単位で息継ぎをしないで、指揮者の棒をよく見て、フレーズをきちんと歌うように、との注意がありました。

後半は「こうもり」でスタート。
この曲はハーモニーを聴かせるので、そのことを意識すること、速いテンポですがリズムにしっかり乗ること、言葉もはっきりさせること、などの注意。
116ページからの男声パート、特にテノール1とバリトンパートの音が不安定なので復習しておくこと。

中間部のワルツのリズムに早く慣れること、136ページ以降はインテンポで歌唱。147ページ下段からのAllegroのテンポも遅れないように、との注意。

最後は、前週に続き「ウイーン我が夢のまち」を全曲通しました。
この曲もワルツのテンポ、特に4分音符、付点4分音符、16分音符など、細部のテンポの差異をしっかり明らかにさせ、歌唱することが課題です。

先生から、今後の練習では1曲当たりに費やす時間が減少していくので、効率よい練習をしたいとの厳しい言葉が出ました。

お恥ずかしいことですが、練習中の私語に注意があったり、携帯電話の信号音などに苦笑で済まされるものの、練習が中断されるという迷惑シーンもありました。
いまさらですが・・こういうことを、こういう公の場で繰り返すのは、責任者としても辛いことです。
練習時間は個人のものではなく、団員全員の共有財産を生産・創造する場です。
「練習にもっと集中しましょう!」

「追記」
23日(日)は千葉県文化会館で、10:30の開会式から20:40の閉会式までの長丁場の千葉県合唱コンクールの裏方。出演団体は、小学校5、中学23、高校14、一般9の合計51団体。相次ぐ熱唱、加えて3階席まで満席のホールでは、担当の会場係の緊張の糸も途切れない。おまけに人手も休憩時間も少なく、全く気の抜けない、時間に追われ通しの終日でした。
でも嬉しかったのは、「中学校の部」で、金賞6校のうち3校(松戸一中、松戸四中、六実中)が、我が松戸市から選出されたこと。さらに常盤平中が銀賞、小金南中も銅賞と善戦、「高校の部」でも、専大松戸中・高校が銅賞を受賞しました。おめでとう!
9月26日(土)山梨県立県民文化ホールの関東大会でも頑張ってください!

気になったのは「一般の部」の出場9団体(最多で25人でした)が全てAグループ(32人まで)で、33人以上のBグループが皆無だったこと。大人数の合唱を聴けないのは、とても寂しいですね。
選曲は殆どがアカペラで外国作品が多い。不勉強を承知で言えば、名前を知っている作曲家は約60%、曲名となると20%くらいしか知らない。これを合唱界の進化と捉えるのが常識なのだろうが・・全国の合唱活動の大状況とは異質なコンクールの一面を如実に示すデータとして、出場を考慮すべき重要なファクターには相違ない。
審査員の方もお疲れさまでした。
「コンクール考」については、書きたいことはたくさんあるが、くたびれたので何れの機会に・・。
それにしても、6:50に家を出て、帰宅は22:55というスケジュールには「疲れた~」の一言。
 
 
》記事一覧表示

新着順:229/804 《前のページ | 次のページ》
/804