teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:210/804 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

絶大なるオルガン効果!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年10月29日(木)10時51分23秒
  通報 編集済
  夏以降、奈良さんがオルガンを担いで練習会場入りしています。
本番は別のオルガンを弾きますが、練習でも同様の音楽になれるようにとの心遣いで、重い楽器を運んで来ていただいています。
2年前まで私の勤務地だった横浜から1時間30分余、多分、3回と思われる乗り換えでのご苦労には「女の細腕」で、などという言い方では語れない・・脱帽です。

フォーレのためだけに使用されるオルガン効果は抜群で、微妙な音程や音の長さを、より正確に捉えられるし、とりわけバスにとっては通奏低音がしっかり鳴って大助かり。
23日には、これにアンプも加わって、本職のピアノとオルガンを使い分けての大変な重労働が続いています。
この運搬、アンプだけでも代行していただけるナイトが現れないだろうか・・。

この日は午後5時からテナーの2度目の特訓。
時間設定もありますが、現役世代には難しい・・参加者が少なかったようですが、その分、密度の濃い練習ができたという結果も現れました。

練習は追い込みに入りました。
フォーレの「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅴ」をはじめ合唱の主要部分を通しました。
フォーレの発声について改めて「響き」を重視すること、母音の活用、和声進行における各パートの役割などをチェックしました。

後半は「こうもり」を通しました。
「歌え、踊れ」の後半「時は過ぎやすく~」の男声の音程がとれず、課題を残す。
「われら手をとり」では、116ページのバリトンパート「いつまでも忘られず~」のリズム・テンポが合わず、依然、課題のまま。
最大の問題は134ページの男声「さあご一緒に」の出だしの音(音程感覚を誤認させて、かなり取り難い)、これも依然として課題が残ったまま。
この曲は女声陣はかなり暗譜が進んでおり、男声の奮起が求められています。

ここで男声はオフ。
女声は「ただ一度の」で居残り。
後日談では、かなりまとまってきたという太鼓判が押されたようです。
繰り返しになりますが、男声陣、がんばりましょう!
 
 
》記事一覧表示

新着順:210/804 《前のページ | 次のページ》
/804