teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ※※※高級腕時計※※※(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


復活!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 7月28日(火)11時47分50秒
編集済
  あのマーラーの大作のタイトルロールではありません。
この曲は、創立間もなく、皆さんと一緒にサントリーホールなどで2度歌った思い出のステージですが、ここでは掲示板のタイトルとしての復活なんです。

いや~ぁ、本当に、まいりましたね。
パソコンが突然壊れ、常時使用の約60件ほどのデータも全て破壊され、呆然としました。
別のファイルに保存して置かなかった自責の念もありますが、だから磁器は信用出来ない・・との思いもあります。

やはり新聞のように活字で印刷されたものが、情報そのものと同様に信頼できます。
でも、メールとインターネット接続は、今や生活に欠かせないので、翌々日に新機種を購入、なれないままの復活です。
メールアドレスも控えていませんので、当方からは発信不能ですので、メール交換のご協力をいただける方は、恐縮ですが送信してください。
失われたデータは、頭を切り替え、徐々に再作成をしていこうと、勇を鼓舞してはいるのですが・・。

閑話休題。
17日の練習指導は若きバリトンの俊英・石崎秀和さんが初登場。
声をタテに発声し、響きで歌うことを終始、徹底的に訓練しました。
練習曲は、フォーレ「Ⅴ-AGNUS DEI」と「ウイーン我が夢の都」の2曲。
フォーレでは、音を確実にとること、「ウイーン・・」では独特のリズムに早く慣れることと、ワルツの舞を見せてくれました。
バリトンのゆえか、アルトの声の改善にかなりのこだわりを持っていたのが印象的でした。

24日の練習は、フォーレ「Ⅰ-INTOROIT et KYRIE」「Ⅱ-OFFERTOIRE」「Ⅲ-SANCTUS」。
「Ⅰ」では、テノールについてソロ部分を含め音程の不安定、ピッチが低いことを厳しく指摘されました(別枠の練習も・・と言及されました)。
また、ソプラノ・ソロ部分については、ノンヴィブラートでフレーズをしっかり歌うよう注意がありました。

「Ⅱ」は、この曲のポイントになるもので、難しい曲だと認識して取り組みたいとのこと。
アルト、テナーの内声部の2重唱では、音量が揺れないように、一定の音量を維持すること、テノールの音程の不確かさ、27ページからのハーモニーでは、他のパートをよく聴くことなどの注意がありました。

「Ⅲ」では、3拍子の演奏ですが、指揮が自在に変化するので、よく棒を見ること、ソプラノは感情表現が過剰にならないように、童心を持って素直に歌唱したい、35ページからの男声「HOSANNA」は、明るく喜びを表現したい、などの注意がありました。

この日練習予定の「こうもり」は、前記練習で手いっぱいとなり、次週以降に。

♪17日は「合唱団ニュース」第245号を発行しました。合宿の概要と宿泊のアンケートを回収中ですが、今週で締め切ります。
24日はアルトに新入団員がありました。これで団員数は78人になりました。

「追記」
18日、千葉女声合唱団の演奏会が京葉銀行プラザで開催されました。ミステリアスなストーリー展開で、演奏に演技が加わった、いかにも女声合唱団らしい演出で楽しませていただきました。3年ほど前に比べ、格段の演奏が練習の努力の成果を如実に示していました。

20日(月・祝)は、東京都合唱祭の最終日で五反田ゆうぽーとで、午後から夕方までの25団体を聴きました。ステージ寄りの客席3分の2を占める出演者席は空席が目立ち、後方入り口側の3分の1程の一般席もやっと40%くらいの入り。
最近では3度目ですが、ステージと客席との一体感が乏しく、演奏者の意気込みが伝わってこない。合唱の‘お祭り気分’もなく、遠路、聴きに行ったのですが、率直に言って、ちょっと拍子抜けで、残念な感じがしたのは私だけでしょうか?
 
 

突然の書き込み、失礼致します

 投稿者:XXX  投稿日:2009年 7月24日(金)22時50分43秒
  坂本真由美第2回ソプラノリサイタル
2009年7月24日
新大久保ルーテル教会2F
18:30
バッハ、ヘンデル、モーツァルト、ヴォルフ、R・シュトラウス、バーンスタイン、日本歌曲
ソプラノ:坂本真由美
ピアノ:服部尚子
ヴァイオリン:竹原奈津
問い合わせ:03・3200・4870
 

♪♪「第5回軽井沢合唱フェスティバル2009」のご案内♪♪

 投稿者:耕友会メール  投稿日:2009年 7月14日(火)00時22分14秒
  突然の書き込み、失礼致します。耕友会の伊藤と申します。
本日は来る8月7日~9日耕友会(松下耕が音楽監督、常任指揮者をつとめる合唱団のグループ)が主催いたします、軽井沢合唱第5回軽井沢合唱フェスティバル2009のお知らせをさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

♪♪「第5回軽井沢合唱フェスティバル2009」のご案内♪♪

合唱を愛する人たちが夏の軽井沢に集い交流する「軽井沢合唱フェスティバル」は
今年で5回目を迎えます。さわやかな自然あふれる夏の軽井沢で、一流の講師陣、
実力をそなえた招待合唱団の皆さんとともに過ごす三日間、
合唱の新たな魅力にふれ、歌う喜びを豊かにする多くの体験が待っています。
今年も「軽井沢合唱フェスティバル」にどうぞご期待ください!

♪聴く♪
豊かなホールで味わう招待合唱団による多彩なコンサート

♪歌う♪
個性の研き合いを楽しむヴォーカル・アンサンブル・コンテスト

♪学ぶ♪
指揮法・発声・ピアノ合唱を多角的に学ぶための一流講師によるレクチャー

♪結ぶ♪
さわやかな自然のなか合唱を愛する人たちと出会い語り合う交流のひととき

★日時:2009年8月7日(金)~8月9日(日)
★場所:軽井沢大賀ホール(JR軽井沢駅北口より徒歩8分)
★総合音楽監督:松下耕
★ 講師:浅井道子(ピアニスト)、
    橋本靜一(ヴォイス・トレーナー)
    上西一郎(合唱指揮者)
    松下耕(作曲家・合唱指揮者)

★招待合唱団:
    信州大学グリークラブ(男声/長野・指揮:中村雅夫)
    プリマヴェーラ(女声/鹿児島・指揮:舞田靖代)
    Choeur Chene(混声/奈良・上西一郎)
    深セン市高級中学百合合唱団(児童/中国・指揮:王希珍)

★主なイベント
    みっちゃんと歌おう~浅井道子さんの作品で松下作品を歌いませんか?~
    軽井沢アンサンブルコンテスト2009
    自分の声を知っていますか?
    発声レッスン
    合唱の中のピアノ
    指揮法ワークショップ
    上西一郎ワークショップ
    合唱フェスティバル(招待合唱団による)
    耕友会コンサート

興味をお持ちになったらhttp://karuizawa.koyukai.info/まで!
アンサンブルコンテストの申し込みも受け付けております!
http://karuizawa2008.blog.shinobi.jp/

詳細についてのお問い合わせやご受講・ご観覧のお申し込みはinfo@ktmusicpro.com
(耕友会事務局/KTミュージック内)までご問い合わせください。

軽井沢で皆様にお会いできますことを、一同心よりお待ち申し上げております。
貴重なスペースありがとうございました。
 

楽譜の点検

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 7月13日(月)11時41分9秒
  10日の練習の前半は、フォーレ「レクイエム」の「Ⅵ-LIBERA ME」と「Ⅶ-IN PARADISUM」。

「Ⅵ」は記号「C」からでしたが、言葉のアクセントを確認し、子音をハッキリさせる、ダイナミックレンジを大きく、フレーズをしっかり歌い、頭出しをキチンと揃える、などの注意がありました。

「Ⅶ」は、何よりも音程を重視すること、ソプラノは全体的に低い音が多いので、しっかり押えること、ソプラノパート・ソロはレガートで固めに、でも若い(明るい)声で歌唱する、男声4部のトップテナーとバリトンの主音をしっかり維持すること、などの注意がありました。
殆どの注意がこれまでの再確認ですから、ご自身の楽譜のメモをしっかり点検してください。

後半は男声合唱の「狩人の歌」から。
言葉付けを早く徹底すること、リズムをしっかり、インテンポで歌うことを心がけること、との注意。
男声解散後は、女声合唱の「ただ一度の恋」ですが、内容は女声ライターにお任せします。

♪「合唱団ニュース」第244号を発行、第14回定期演奏会の演奏曲など、定演の概要を発表しました。
あと5か月、いよいよ追い込み態勢、暑い夏を健康で乗り切りましょう!
 

お久しぶりのフォーレ第1曲

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 7月 6日(月)14時06分11秒
編集済
  3日の練習指導は陣内さん。
前半はフォーレ「レクイエム」の「Ⅰ-INTROIT et KYRIE」で、何と2月24日以来、5か月ぶり。
・・のせいかどうか分かりませんが、男声2部合唱は、ちょっと苦戦しました。
特に、T1とB1の音がかなり怪しくなって、再確認にかなり手間取りました。

19ページ下段の言葉の変更(これはまだ仮ですが)、Tの4か所の音の変更も再確認してください。

14~15ページのテノール・ソロは、力まずに、表情豊かに歌唱しましょう。
16ページからの6部(男声4部)合唱でも、テナーの音が不安定なので要注意です。
また、長い楽節での、途中の息継ぎが一致しないようにパート内で調整しましょう。

後半は「ウイーンわが夢の都」。
8分の6拍子と8分の3拍子がめまぐるしく変化しますが、稲森編曲では、特に8分の3拍子のワルツの演奏を注意するよう特記しています。
また、8分の3拍子の表現記号も一律ではありませんので、注意してください。
そして、ウイーンのリズムに早く慣れましょう。

♪今日、ソプラノに新入団がありました。
情報誌でご覧になったとのこと、ご一緒に歌い続けてください!

「付記」
4日(土)は「全日本おかあさんコーラス関東支部大会」(4~5日開催)を聴きに、さいたま市文化センターへ。初日は48団体の出場でしたが、午後から25団体聴きました。
関東大会は、この数年では3回目ですが、この日はパフォーマンスは控えめで、演奏に集中する姿勢に好感を得ました。1団体を除き、うちのソプラノの人数を超える団体はなく、20数人前後での締まった演奏が続きました。客席やロビーでは顔見知りの合唱仲間にお会いしましたが、やはりホール全体が女性の彩で華やかでした。
 

ウイーン気質

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月30日(火)11時08分43秒
編集済
  26日の練習はルドルフ・ジーツィンスキー作曲「ウイーン我が夢の街」の初練習。
あまりにも有名な曲なので、初見であっという間に音取りを終えて、さあハーモニーと行きましたが・・。

この日はソプラノのトップがちょっと荒れ模様、テノールが5人ということで、残念ながらハモルところまでは行きませんでした。

平板・単調さを避けた故か、転調が多く、人数の多い女声パート(53人)の厚みを意識した稲森編曲にちょっと手こずったようです。

またフレーズをしっかり歌うこと、Hum~、 Ah~、Uh~という無声音系の演奏法にも、キチンと譜面どおりに歌うように注意がありました。

後半は女声合唱の、ウエルナー・ハイマン作曲「会議は踊る」から「ただ一度の恋」を30分余り復習、緩急のリズムを、もっと正確に捉えるようにしましょう。
ここで女声は解散。

同様、リズムに乗ることに関しては、男声陣が歌うカール・ウエーバー作曲「魔弾の射手」から「狩人の合唱」でも指摘がありました。

これで定演での演奏曲の全容が明らかになりました。
フランス音楽を代表するフォーレの「レクイエム」、そしてオペレッタ、なかんずくウイーン気質の音楽をどう表現していくか、チャレンジ精神を満たしてくれる大きな山が見えます。
あと5か月余、9月の合宿も含め、追い込みに入ります。

♪この日、ソプラノに新入団がありましたが、ご紹介は今週。男声の見学も1人あり、今週、入団手続きをする意向がありました。

「付記」
27日は、かつて参加していた「日立コールファミリエ」の演奏会ですみだトリフォニーホールへ。
このホールは杮落としから、何度も歌ったことがある、おなじみのスポット。
演奏曲はグノー「聖セシリア・ミサ」、團伊玖磨「筑後川」などの名曲と恒例の津軽三味線の特別演奏も。
指揮者の木村さんにお会いしましたが、相変わらずの元気いっぱい!こちらがハッパをかけられました。

28日は「松戸市合唱交歓会」を聴きに森のホールへ。
参加団体が30ということを強調していましたが、先週の「柏市民による音楽の集い」に比べ、熱気がなく、熱演がモッタイナイ気がしました。
終演時は大雨で、予定外に渡された連盟機関誌を守って、ずぶ濡れの帰宅となりました。
 

女声合唱もデビュー!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月22日(月)13時07分17秒
編集済
  19日の練習は発声の後、フォーレ「レクイエム」の「Ⅱ-OFFERTOIRE」、23ページ2段目のA・T・Bの3重唱から。
子音のアクセントをハッキリと、横に流れるように休符の役割を考えることなどの注意。

27ページからの4重唱では、記号「J」以降の音程をしっかりさせること、強弱の表現を、よりクリアにさせることなどの注意。

29ページ下段のPPPから終曲に向かうハーモニーは他のパートをしっかり聴くこと、同じ音程の時、母音が変わると音が下がる欠点を改善することなどの注意がありました。

7時30分以降は男声は解散、「会議は踊る」から「ただ一度の」の女声合唱を初練習。
結構、大きい編曲なので、我が女声の魅力をアピールする大きなチャンスです。
練習内容は、どなたかの報告を待ちます。


「付記」
20日(土)は「柏市民による合唱の集い」を午後から聴きました。
冒頭、招待演奏で松下耕指揮「東京レディースコンソート゛さやか゛」がハンガリー、ドイツでのコンクール第1位の実力を披露しました。コミックもタップリ加え、表現の多様さも見せてくれました。
人気No.1の耕さんの面目躍如といったところ。

柏市の合唱祭は毎年、聴かせていただいていますが、有料でもいつもホールは満員、企画内容も、お祭りを出演団体全体で盛り上げていこうという意志が感じられ、熱気に溢れていました。
以前、我孫子市の合唱祭も(有料でした)、何度か出演させていただいたことがありますが、同様な趣があり、ホールが高潮していた記憶があります。
共に、松戸市も学ぶところ大だと思っているのですが・・。
 

お待ちしています!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月19日(金)13時34分36秒
  あいだ みつこ様

掲示板への投稿ありがとうございます。
「おもしろオペラ塾」、前から5列目で聴かせていだきました。
とてもよかったですね。

私もオペラが大好きです。
うちの定演でも一昨年、オペラ曲を演奏しました。
今年、12月6日の定演は、フォーレ「レクイエム」とオペレッタです。
ぜひご来場ください!

横山先生のご指導に感動されたとのこと、同じ気持ちを共有できるのは、とても嬉しいことです。
ぜひ、ご一緒に歌えることができたら・・。
76人の団員が待っていま~す。
それまで、オペラ楽しんでください!
 

♪「まつこん」いいですね。

 投稿者:あいだ みつこ  投稿日:2009年 6月19日(金)00時28分40秒
  ♪「まつこん」にあこがれています。なぜなら、指導者が横山和彦さんだからです。 私は柏市民コンサート合唱団「おもしろおぺら塾」で、少しだけでしたが、横山先生に発声を習いました。すごく良かったです。もう良かったなんてもんじゃないです。感動してしまいました! ♪すぐに「まつこん」に入団したいですが、「おもしろおぺら塾」を機会に 私はオペラに魅せられ「某オペラ合唱団」に入団が決まっているので、その定演が終わってからにしたいと思います。♪「まつこん」唾つけた!って感じです。・・・やっぱり、合唱の楽しさは、指導者によりますよね! 将来、よろしくお願いします。  

男声合唱デビューへ!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月16日(火)14時25分17秒
編集済
  12日の練習は、フォーレ「レクイエム」の「Ⅲ-SANCTUS」とウエーバーのオペラ「魔弾の射手」の男声合唱「狩人の合唱」。

ということで、アルトさんはお休みでした。
ちょっと寂しい・・。
でも、3人が駆けつけ、「SANCTUS」の最後の4小節のハーモニーを合唱していただきました。

「SANCTUS」では、(アルトを除く)混声3部、男声2部のユニゾンの練習でした。
歌い出しから10小節あまりを母音だけで歌って、発声ポイント、響き、ハーモニーを創る基本的な確認を繰り返し練習をしました。

ソプラノのピッチがちょっとフラット気味な部分、男声のユニゾンで地声が出てしまい、音色が揃わない部分、pp~ffの表情が平板なところを正しく歌うように、との注意がありました。

さて、「SANCTUS」が終わると、ソプラノさんもお帰りで、後半は男声20人のみとなりました。
もちろん、奈良ピアニストさんは紅1点で、最後までご協力いただきました。

「狩人の合唱」は初練習。
アップ・テンポに加え、古い用語訳なので、言葉付けに手こずりましたが、90分程の練習で何とか格好が付くようになりました。
男っぽく、勇壮な内容ですが、確か中学1~2年の音楽教科書にあって、メロディーは今でも諳んじている懐かしい曲です。

定演で、単独のステージとして男声合唱を演奏するのは初めてです。
同様に、女声合唱の演奏も初めてです。
大人数の合唱団だからこその、贅沢な、そして画期的なデビュー・ステージです。
歌う側はもちろんですが、聴いていただく方にも、楽しみが、また増えました。
そういうステージにしましょう。

「付記」
この1週間、「千葉県合唱祭」を挟んで、ある音楽サークルの独唱発表会(プロの「フィガロの結婚」ハイライト演奏付き)、音楽の広場、B稲垣俊也&S遠藤久美子夫妻のコンサート、JCDA合唱の祭典と歌い、聴きました。
年初から今日まで、プロ、アマ、オペラ、オーケストラ、ソロ、合唱・・など、ちょうど30回の演奏会。1日2回というのが減ったし(体力問題)、都心での演奏が半減(交通費が結構ねぇ~)、演奏日が重なる(お招きいただいたチケットは有効活用しています)などの要因から、2~3年前に比べると約3割減?・・。
ナマ演奏を1つでも多く聴くこと、かつ多彩な音楽に接して居る時が、幸せを感じるひとときでもあります。
 

駐車できません!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月13日(土)23時06分54秒
編集済
  松戸市民会館から、下記の日程は、ホールで催し物のため「駐車できません」との連絡がありましたのでおしらせします。ご注意ください。

・7月3日(金)
・7月10日(金)
・7月24日(金)
 

今後の練習日程お知らせ

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月10日(水)06時30分13秒
編集済
  先週、先生から口頭で連絡がありましたが、今後の練習曲の予定は下記の通りです。

6月12日(金)フォーレ「Ⅲ-SANCTUS」、「魔弾の射手」から「狩人の合唱」(男声)
6月19日(金)フォーレ「Ⅱ-OFFERTORIUM」、「会議は踊る」から「ただ一度の恋」  (女声)
6月26日(金)「ウイーンわが夢の都」「狩人の合唱」「ただ一度の恋」
7月3日(金)フォーレ「Ⅰ-INTROITUS・KYRIE」、「ウイーン我が夢の都」
7月10日(金)フォーレ「Ⅵ-LIBERA ME」「Ⅶ-IN PARADISUM」、「狩人の合唱」「ただ 一度の恋」
7月17日(金)フォーレ「Ⅴ-AGNUS DEI」、「ウイーン我が夢の都」
7月24日(金)フォーレ「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」、「こうもり」
7月31日(金)フォーレ「Ⅴ」「Ⅵ」「Ⅶ」、「メリーウイドゥ」
 

千葉県合唱祭で練習の成果を証明!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月10日(水)06時15分49秒
編集済
  「第64回千葉県合唱祭」お疲れさまでした。
出演団員は66人(10人が欠場)でしたが、練習の成果が如何なく発揮されたすばらしい演奏でした。

感想・批評は82件ありましたが、その全てが、発声の確かさ、ハーモニーの美しさ、演奏表現の豊かさ、声やパートのバランスなど演奏内容を高く評価していただきました。
さらに、その殆どがソプラノの高音の美しさを絶賛していることが特筆されます。

歌い出しの女声2部合唱で、客席をしっかり捉え、それに乗っかった男声と相俟って、混声のすばらしさ、多人数の合唱の楽しさを倍増させた、との感想が圧倒的でした。

厳しい、でも意欲を持った練習の結果は、ステージで十分に活かされました。
やれば出来る!なせば成る!
これからの全ての練習の励みになりますね。

他団体の演奏も、2階席でゆっくりと聴くことが出来、いろいろと参考になったことと思います。

全演奏が終了、会場点検など後始末を済ませて、理事の解散は午後7時45分、団員が待つ「打ち上げ会場」に約2時間遅れで合流できました。
宴はほぼ終わり近くでしたが、いいステージの余韻があって、会話も弾み、美酒を堪能しました。

あと6か月、今週からの定演に向けた練習が、ますます楽しくなりそうで、待ち遠しいです。
 

年末ウィーン第九コンサートについて

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2009年 6月 9日(火)09時28分14秒
  年末“日墺ウィーン「第九」コンサート”のご案内です。よろしくお願いいたします。


<2009年末 IJCCウィーン公演 International Joint Concert Choir>
◆ベートーヴェン「第九」・モーツァルト「戴冠ミサ」親善ジョイントコンサート合唱員募集のご案内◆


初夏の候、皆様にはますますお忙しくご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、今年年末、12月29日にオーストリア・ウィーンにおいてウィーン・マドリガル合唱団と私どもが特別に編成し派遣するIJCOオーケストラとで親善ジョイントコンサートが実施されることになりました。

つきましては、同ジョイントコンサートにてマドリガル合唱団と一緒に歌っていただく方々を募集いたしますので、どうぞ皆様お誘い合わせのうえご参加くださいますようお願いいたします。概要は下記の通りです。

なお、より詳しい内容を記した募集パンフレットを用意してありますので、ご覧になりたい場合はEメールあるいはファックスにてご住所とお名前をお知らせください。郵送させていただきます。
あるいは私どものウエブサイトでもご覧いただけます。「ジョイントコンサート」でご「検索」ください。

それではご参加をお待ち申し上げます。


ジョイントコンサート国際委員会
事務局長 垣沼佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp



・演奏会日時: 2009年12月29日(水) 20時30分開演(予定)
・演奏会会場: オーストリア・ウィーン ラインツ教会
・合唱団: ウィーン・マドリガル合唱団ならびに日本からの合唱参加者20名
・オーケストラ: IJCOオーケストラ(International Joint Concert Orchestra)70名
・旅行期間: 2009年12月25日(金)成田空港発 ~2010年1月2日(土) 成田空港着
・旅行経路:  成田~ミュンヘン(1泊)~ザルツブルク(1泊)~ウィーン(5泊)~成田
・演奏曲目: ベートーヴェン 交響曲第九番「合唱付」(ベーレンライター新版)
        モーツァルト 戴冠ミサ K.317(ベーレンライター版・IJCOヴィオラ追加版)
・指揮者: 石川智己【IJCO音楽監督】/リカルド・ルナ【ウィーン・マドリガル合唱団音楽監督】
 

アカペラディナーコンサート6/21お知らせ

 投稿者:トライトーンメール  投稿日:2009年 6月 6日(土)16時09分25秒
  みなさまこんにちは。
アカペラのトライトーン、6/20(土)のディナーコンサートのお知らせです。

白を基調とした店内がとても素敵な
イタリアンレストランでのディナーコンサート。
今回はトライトーンのアカペラで織りなすユーミンの世界。
「Yuming Songs Night」!

演奏予定曲
真夏の夜の夢/中央フリーウェイ/ハローマイフレンド
/やさしさに包まれたなら 他

会場:CP Restaurant Cafe(埼玉県所沢市)
(西武池袋線小手指駅北口から徒歩約12分 国道463号線沿い)

時間:Open 18:00~ / Concert Start 20:00~
   ※当日は18:00~20:00までの時間にご入店をお願い致します。
   ※要予約

料金:1名様 10.000円(テーブルチャージ、料理、飲み放題、税込)
※アルコールが飲めないお客様に限り、飲み放題なし8,000円プランのご用意もあります。

ご予約&お問い合わせ:CP Restaurant Cafe 担当:中里
           TEL/FAX 04-2923-0001
           〒359-1101 埼玉県所沢市北中2丁目153-2


CP Restaurant Cafeホームページ  http://r-cp.com

ありがとうございました。

http://www.try-tone.net/

 

ステージを楽しもう!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月 6日(土)09時50分52秒
編集済
  今、「メリーウイドゥ」の第2幕の冒頭シーン、「ヴィリアの歌」をDVDで観たところです。
多くの皆さんがご覧になった1994年ユニテル・メルビッシュ音楽祭版で、ハンナは美貌のプリマ、エリーザベト・カーレスですが・・。

それにしても昨日(5日)の練習は、よかったですね!
声出しに続いて、フォーレの「Ⅵ-LIVERA ME」のユニゾンを用いて、母音だけで歌唱しながら発声練習の実践確認、パート別の声質、全体のハーモニーを整備する訓練をしました。

この後、7日の千葉県合唱祭で演奏する「ヴィリアの歌」を、ステージシートに従って並んで、最後の練習。
ソプラノの高音、アルトの音程、テノールの声質、バスのリズム・・など、一部、課題だった部分をしっかりと復習し、クリアして行きました。

途中からいいハーモニーが出来上がり、団員全員に自信・満足感が広がって行きました。
もう、合唱祭のステージで、いい音楽が演奏できるという確信を持って帰ることが出来ました。
あとは集中力、そしてステージを楽しんじゃおう!

最後に、今後の練習スケジュールが口頭で説明されました。
この内容は、月曜日に掲示板にアップします。
 

いい感じ

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 6月 2日(火)12時08分2秒
編集済
  29日は、カデンツで声質を揃える、倍音を感じながら、そこにハーモニーを乗せる、各パートの動きを捉える・・など、練習曲の音型パターンと類似のハーモニーで実際の演奏に活かしていくことを復習しました。

前半はフォーレの「Ⅵ-LIBERA ME」の53ページ、「記号C」から同曲の最後まで。
歌い出しの男声、特にテノールのppでの高音が安定せず、繰り返し練習。
54ページ上段2小節目の「discusso」のdiscとssioの子音の発音を明瞭にすること。
ダイナミック・レンジの幅を意識して、大きな音楽の流れを創りたい。
55ページ下段の1~2小節は、音楽が切れないこと、和音を揃えること。

57ページの「記号F」のpで、テンポが遅れないように。
58小節上段1小節目の「Et」はpでなくppに変更。
「記号G」はpで歌唱、ritはしないこと。
59ページ上段のバス、表現記号の動きをキチンと歌うこと。
下段の4声ユニゾンから「記号L」まで、言葉をハッキリ発音すること、休符以外で音楽が切れないように。

後半は「ヴィリアの歌」、復習を兼ねて全曲練習。
ソプラノの高音でピッチが甘い部分、bの音が決まらず、繰り返し練習。
不用意に歌ってしまうことが多いのですが、集中力の問題でしょう。
加えて、例えば「記号I」などの中声域では、荒くなってしまうので、冷静に歌うこと。

「記号P」のS・A・Tの16分音符は固くならず、急ぎ過ぎないこと。
「記号T」の男声の歌い出しの音をしっかり捉えて歌うこと。

合唱祭に備えて2度、暗譜で通しました。
最後に、全体合唱で歌うモーツァルト「アヴェヴェルム・コルプス」を練習しました。

とてもいい感じで仕上がっているように思いました。
繰り返しますが、一発勝負のステージです。
リラックスしつつ、集中力を高めるのが課題のようです。

「追記」
バスに、また新しい仲間が増えました。
高校以来ということですが、歌いたくてインターネットで探して入団されました。
 

7日の千葉県合唱祭(船橋)にどうぞ!

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 5月31日(日)23時47分9秒
編集済
  「第64回千葉県合唱祭」は、第1日目(5月31日)が終了し、当団が出演する第2日目が今週末、下記の通り行われます。

この日は、新松戸コール・マミー(同じEブロック)、千葉女声合唱団(横山和彦指揮・Fブロック)も出演します。
入場無料で、どなたでも、出入り自由で、ご鑑賞いただけます。
千葉県の合唱活動の全貌が概観できます。
ぜひ、どうぞ!

<千葉県合唱祭第2日>
◆日時:6月7日(日)。55団体が3ブロックに分かれ、10:55~19:09まで演奏します。
◆会場:船橋市民文化ホール・℡047-434-5555(JR船橋駅・南口下車徒歩7分)※京成船橋駅踏み切り、スクランブル交差点を渡って、すぐ先の右側です。
◆当団の出演要領(合唱団の統一行動):
・12:45=着替えを済ませてロビー集合。
・12:55~13:07=リハーサル(ステージ)。
・13:30~13:38=Eブロック開会式(指定座席に着席)。
・13:39~13:43=全員合唱
  (ステージで、横山先生の指揮でモーツァルト「Ave Verm Corpus」を歌います)。
・13:45~13:51=本番ステージ。「メリーウイドゥ」の「ヴィリアの歌」(記号「G」から最後まで)。
・13:52~16:32=座席で、ブロック内の24団体の演奏を聴きます。
・全団体演奏後、座席で、県連盟歌「明日」(谷川俊太郎作詩・寺島陸也作曲)を全員合唱します。
・16:40=合唱団は一応、現地解散。
◆この後、Fブロックの演奏が19:09まであります。
 

トライトーン横浜ライブ6/4お知らせ

 投稿者:トライトーンメール  投稿日:2009年 5月29日(金)09時22分11秒
  みなさんこんにちは。
無伴奏トライトーン、6月4日横浜ライブのお知らせです。

#########################################################

6/4トライトーンが横浜「Hey-JOE」に初登場!
  『TRY-TONE Live @ 横浜Hey-JOE』

 横浜に誕生した良質の音楽と料理の大人の空間「Hey-JOE」にトライトーンが初登場!
トライトーンのブレンド感溢れるハーモニーで素敵な横浜の夜を!

 会場:Live & Dining Hey - JOE<ヘイ ジョー>
 (横浜駅西口より(ダイヤモンド地下街経由)徒歩約10分)

 時間: 6/4 Open 18:30
    1stステージ19:30~20:30/ 2ndステージ 21:00~22:00

 料金: 予約 3,000円/ 当日 3,500円(1drink別)

 ご予約&お問い合わせ

 Hey-JOE Tel: 045-313-3631 (電話受付時間17:00~23:00)

(注)営業時間中(特に演奏中)、ご予約を受け付け不可能な場合や
対応にお時間頂戴する場合もございますこと、ご了承下さい

http://www.ne.jp/asahi/hey-joe/yokohama/index.html

Mail:hey-joe@yokohama.email.ne.jp

ありがとうございました。

http://www.try-tone.net/

 

集中力を高める

 投稿者:朝倉  投稿日:2009年 5月24日(日)15時02分14秒
編集済
  22日は8週間ぶりのフォーレ「レクイエム」で、「Ⅴ-AGNUS DEI」の45ページ冒頭から同曲の終わりまでを練習。

歌い出しのソプラノ・パートソロの「Lux aeterna・・」の言葉の連携がうまく行かず繰り返し練習。
記号「E」から「G」までの6重唱(男声4部)は、各パートとも半音進行が続き、微妙な音程(またはピッチ)で音が定まらない個所があり、ハーモニーにも問題が生じてきます。
この曲の最大の難所であることを痛感します。

ダイナミックレンジも、短い曲間にppからffまで、その幅が大きく、美しいメロディと相俟って聴かせどころでもあります。
多分、今後も課題として、しばらく繰り返される個所となります。
まず、1つ1つの音をしっかり取ることが大切でしょう。
倍音の響きも、よく聴き取ることを意識したいと思います。

後半は「ヴィリアの歌」。
「音がフラット気味」「高音の発声で乱れてしまう部分」「ユニゾンでの声が不揃い」「息継ぎが一斉で音楽が切れてしまう」「表情が平板」「日本語のディクションを明確に」など・・注意される個所は、毎回、同じ繰り返しのように感じます。
従って、ここでは書きません。

しかし、繰り返すと直ぐ直るようになったのは、練習の成果でしょう。
でも、本番は1回きりの勝負で、繰り返しはありません。
集中力を高めて、やり直しなしで通したいですね。

この日の欠席はS2、A1、T1、B1でした。
ほぼ本番同様の大勢が出来上がってきました。
今週は並びも整えて練習します。
新型インフルエンザの状況が時々刻々と変化していますが、体調には十分、自己管理でお願いします。

「重要な追記」
♪県合唱祭のリハーサル時間が変更になりました。
約2時間繰り下がって「12:55~13:07、ステージ」です。
「集合時間は、着替えを済ませて12:45、船橋市民文化ロビー」とします。

なお、これに伴い集団で行動する場合「新松戸発11:32~西船橋~船橋着11:55」とします。
 

レンタル掲示板
/41